フュートレックとTranscribeMe, Inc.が提携し、 クラウドを活用した「音声書き起こしサービス」を開始!

DreamNews / 2014年7月7日 15時0分

株式会社フュートレックは、TranscribeMe, Inc.社に出資を伴う資本業務提携を行い、日本国内でクラウドソーシングと音声処理技術を組み合わせたプラットフォームによる音声書き起こしサービスを開始することを、2014年7月7日に発表しました。

株式会社フュートレック(本社:大阪市淀川区 代表取締役社長:藤木英幸 以下、フュートレック)は、TranscribeMe, Inc.社(本社:アメリカ カリフォルニア州 バークレー市、CEO・共同設立者:Alexei Dunayev 以下、TranscribeMe)に出資を伴う資本業務提携を行い、日本国内でクラウドソーシングと音声処理技術を組み合わせたプラットフォームによる音声書き起こしサービスを開始することを、2014年7月7日に発表しました。
フュートレックは、日本国内でTranscribeMeのサービスの販売・マーケティングを行い、サービス提供はTranscribeMeが実施します。

◆背 景
「テープ起こし」を含むドキュメントサービス市場は、アメリカでは既に50億ドルといわれています。
(2013年、IBISWorld’s Document Preparation Services market research)
これまでの日本では、各種セミナーの記録や会議・商談・取材の記録などさまざまな場面で「書き起こし作業」の需要があるものの、対象となるデータの機密保持等の観点から、社内で作業されることが多く、国内市場は伸び悩んでおりました。
しかし最近、BPOなどの業務アウトソーシングの伸びやビッグデータ活用のトレンドとともに、外部委託による「書き起こし」市場は活性化しております。

◆特 長
1. マイクロタスクで作業を効率化
今回、TranscribeMeと提供する「音声書き起こしサービス」では、独自の音声処理技術を使い、ひとつの音声データをマイクロタスク化して作業者に渡すことを特長としています。これにより、録音時間の長い音声データでも多くの人の手を使い、効率的な作業が可能です。また、データは短く区切られ暗号化処理された後、ランダムにクラウドワーカーに配布されるので、データの機密性が保たれます。

2. クラウドソーシングを使って素早く作業
クラウド(Cloud)の仕組みを使って、多くの方にクラウドワーカー(Crowd Worker)として書き起こしの仕事をしていただきます。クラウドワーカーは、場所や時間を選ばず、都合の良い時にインターネットに接続して作業を行うことができます。音声データはマイクロタスク化されており、少しの空いた時間でも作業ができるため、多くのクラウドワーカーが参加しやすく、音声データの文字化を短時間で完了させることができます。

3. 作業者のレベル管理と品質保証
クラウドワーカーは、顔が見えないこともあり、各個人のレベルの差が懸念されます。
TranscribeMeでは、ワーカーになるための試験として各言語別の「書き起こしテスト」をWeb上で行うとともに、作業実績を詳しくモニターすることで各クラウドワーカーのレベルを管理しています。また、納品前にマイクロタスク化されたデータを一つにまとめる際には、品質保証部門が全体をチェックし、作業品質を保っています。

4. 音声録音と書き起こしの発注が可能なスマートフォンアプリを提供
TranscribeMeでは、お客様自身が、手軽にスマートフォン上で音声の録音と書き起こしの発注ができるスマートフォンアプリを提供いたします。スマートフォンをICレコーダーの代わりとして使用することが増えてきた現在、スマートフォンアプリによるサービス提供は新しく画期的な試みとなります。
完成した書き起こしテキストは同アプリ内で受け取ることができ、メールや各種ソーシャルメディアへの共有も可能で、会議やインタビューなどあらゆる場で手軽に、スピーディにスマートフォンで録音し、アプリを通して書き起こしサービスをご利用いただけます。

フュートレックでは現在、再成長に向けて「Re-Built(リ・ビルト)」の経営方針のもと、新規事業の創出に取り組んでおります。今回のTranscribeMeとの書き起こしサービスの提供は、この新規事業の第1弾となります。また、これまでフュートレックが安定的な収益ベースの構築を目指して事業課題としてきた〝サービスビジネスへの参入“という意味でも、初めての事例となります。

今後はフュートレックの主な事業である音声認識の技術とTranscribeMeのプラットフォームを連携することにより、さらなるサービスの拡大を目指してまいります。

○フュートレック 代表取締役社長 藤木英幸コメント:
フュートレックが目指す将来像にTranscribeMeの技術とクラウドソーシングのプラットフォームがマッチするので、今回の提携をとても嬉しく思います。TranscribeMeのハイブリッド型クラウドソーシングプラットフォームの恩恵を、書き起こし市場だけでなく、多様な業種へ展開すべく今後も連携を強化していきたいと思います。

○TranscribeMe,Inc. CEO・共同設立者 Alexei Dunayev氏コメント:
TranscribeMeとフュートレックの提携を公表できること、また2社の連携による日本語書き起こしサービスを提供できることを嬉しく思います。今後は、TranscribeMeのハイブリッド型クラウドソーシングプラットフォームとフュートレックの高精度な音声認識技術の組み合わせにより、我々は高品質な文字起こしサービスを日本国内だけでなくグローバル市場に提供していきます。


~ TranscribeMe商品概要 ~
国内サービス開始予定 : 2014年7月
販売予定価格     : 2万2,500円/録音データ1時間
 ★サービス開始キャンペーンとして20%オフの1万8,000円/1時間でご提供(2014年8月31日まで)
サービス提供サイト : http://www.transcribeme.jp
 ※条件によっては為替変動の影響を受ける場合があります。
 ※日本語版スマートフォン向けアプリケーションについては、近日公開予定です。
サービスの詳細につきましては、サービス提供サイトをご確認ください。

※ 今回の書き起こしサービス開始にあたってフュートレックでは、国内で書き起こしを担当するクラウドワーカーの採用をサポートいたします。時間や場所に縛られない働き方であるクラウドワーカーの増加は、政府の成長戦略に掲げられる地方の雇用促進や女性の活用にも貢献できると考えています。
◆TranscribeMe, Inc.社について
TranscribeMeは、2011年に設立されました。クラウドソーシングと自社開発の音声処理技術を組み合わせたプラットフォーム上で、英語・スペイン語・ロシア語・中国語などでの音声書き起こしサービスを展開しており、Xerox、Yahoo!、Microsoft、IBM、ハーバード大学を始め、世界有数のグローバル企業や機関を顧客に持ち、高い評価を得ています。
また、「Startup Weekend」や「Demo Asia 2012」など、数々のベンチャー企業コンテストで表彰された優秀なベンチャー企業です。直近では、6月13日アメリカシリコンバレーで開かれた「Silicon Valley Open Doors '14」インベスター・カンファレンスにて「Best Startup」賞を受賞しています。

※TranscribeMeはTranscribeMe, Inc.の商標または登録商標です。
※その他、記載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標の場合があります。


○営業関連のお問い合わせ先
株式会社フュートレック  TEL:044-220-1088
ホームページからのお問い合わせ https://www.fuetrek.co.jp/contact/index_product.cgi

○取材およびこのプレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社フュートレック  TEL:044-220-1088 
ホームページからのお問い合わせ https://www.fuetrek.co.jp/contact/index.cgi


≪会社概要≫
会 社 名: 株式会社フュートレック
代 表 者: 代表取締役社長 藤木 英幸
設 立 日: 2000年4月17日
資 本 金: 7億1,657万円
業務内容: 音声認識技術を利用したサービスの企画・提案、及びそれを実現するためのシステム設計

会 社 名: TranscribeMe, Inc.社
代 表 者: CEO・共同設立者 Alexei Dunayev
設 立 日: 2011年9月
資 本 金: 2百万USドル
業務内容: クラウドソーシングと自社開発の音声処理技術を組み合わせたプラットフォーム上での音声書き起こしサービス

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング