グローバルな視点を持ち、ネクストステージを求める大人の女性のために、世界中の伝統手工芸品から、心を豊かにする真にリュスクなものをセレクトしたECサイトを、Crossing via Japanがオープン

DreamNews / 2014年7月9日 10時0分

写真

自分なりの価値観とブレない判断力で、真に心を豊かにしてくれるものやライフスタイルを求める女性は、グローバルな視点で世界中の文化や伝統の違いを尊重する心を持っています。 Crossing via Japanは、”Crossing Culture Makes the Planet a Happier Place”違う文化や伝統をリスペクトする気持ちが世界中を幸せで豊かにする一歩だと信じています。

”Crossing Culture Makes the Planet a Happier Place”違う文化や伝統をリスペクトする気持ちが世界中を幸せで豊かにする一歩、をコンセプトとして、自分なりの価値観とブレない判断力で、真に心を豊かにしてくれるものやライフスタイルを求める女性向けに世界中のリュスクな伝統手工芸品を展開するCrossing via Japan株式会社(東京中央区人形町)が6月30日にオープンしたECサイトでご紹介するのは、日本初ローンチを含めたインドの伝統工芸・手工芸の3ブランドです。

http://www.crossingviajapan.com/store/

かつてマハラジャが住んでいたゴージャスでリュスクな都市ラジャスターン州のJaipur(ジャイプール)からは、美しく繊細なスターリングシルバー(通商925シルバー)のジュエリーをCrossing via Japanセレクションのmah81(マァ81)ブランドから、同じく約500年以上も前から伝わるジャイプールの伝統工芸であるハンドブロックプリントを鮮やかに施した美しいテキスタイルのリアルクローズブランドのRASA(ラサ)、そしてインドのシルクの産地で有名なビハール州Bhagalpur(バガルプール
)からは、インドシルク復興に情熱をかける若手デザイナーの手織りストールブランドRashmi Handloom(ラシミ ハンドルーム)の3ブランドを展開中です。いずれも、今までのインドの製品とは一線を画す、上質で、細部にまで気を配った丁寧な縫製や細工が特徴です。

mah81(マァ81)はCrossing via Japanオリジナルブランドで、今回セレクトしたのは、インド北西部のラジャスターン州のジュエリーの街として有名なJaipur(ジャイプール)の、美しい細工と繊細な手仕事で有名なジュエリーショップのスターリングシルバーのジュエリーです。
カジュアルを格上げしてくれる大ぶりのネックレスや、手元を色っぽく彩る太バングル、耳元を涼しげに飾る半貴石の大ぶりなドロップピアスなどを展開しています。

同じくJaipurに拠点をおくRASA(ラサ)は、NIFT Dehli(国立デリーファッション工科大学)で共にデザインを学んだManishとMadhulika夫婦デザインチームによるハンドブロックテキスタイルのブランドで、彼らはインドの古典的なハンドブロックプリントのクラシカルさとモダンさを見事に融合させて、今までにないシンプルで洗練された新しいブロックプリントテキスタイルの世界を確立しています。
今回Crossing via Japanが取り扱うリアルクローズは、インドらしく鮮やかな色使いでありながら、シックで洗練された色使いと日本人女性の体形を綺麗に見せてくれる秀逸なパターンが魅力のワンピースやチュニックです。シルクなどの上質な素材に、細部にまでこだわった縫製や刺繍などの手仕事は感動級です。

そして、インド北東のビハール州Bhagalpur(バガルプール)からは、Rashmi Handloom(ラシミ・ハンドルーム)の
手紬ぎ・手織りの、フレッシュで日常使いにぴったりのお洒落で色鮮やかな手織りストールを展開します。
聖なるガンジス川の南岸に面した肥沃な平野にあるバガルプールの町は、「Silk City」と呼ばれる程シルク生産地として有名であり、Rashmi Handloom社はこの地で、シルクをメインに手織りのストールを家族で営んできた会社で、社長兼才能あるデザイナーである若干28歳のUditは、先祖代々からその技術を世襲している経験豊かな手織職人達と相談しながら、世界に通用するストールのデザインをしています。
質のよいリネン100%の爽やかなストールや、シルクとウール混紡の透け感のある美しいストールなど上質で価格的にも満足頂ける商品を扱います。

奥深いインドの伝統工芸の中でも、新しいカテゴリーとなる上質でリュスクな商品ばかりをセレクトしたCrossing via JapanのECサイトをご覧頂き、それぞれの商品の裏側に隠れた職人の思いやストーリーに触れ、違う文化や伝統をリスペクトする思いを抱いて頂けたのであれば何よりも幸せです。
今後Crossing via Japanは、日本を含め世界中のストーリーあるリュスクな伝統手工芸品をフューチャーし、展開して参ります。

http://www.crossingviajapan.com/store/

Crossing via Japan株式会社(クロッシング ヴィア ジャパン)
担当/小山・澤村
東京都中央区日本橋人形町3-1-7日本橋人形町石井ビル2F
Tel : 03-5614-2231
Fax : 03-5614-2232
E-mail : info.cvj@gmail.com








プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング