【矢野経済研究所マーケットレポート】「2014年版 農薬産業白書」を発刊いたしました

DreamNews / 2014年7月25日 12時0分

矢野経済研究所では、下記の要領にて「2014年版 農薬産業白書」を発刊いたしました。

本調査レポートでは、農薬市場の需要分野別市場動向(農耕地、非農耕地、家庭園芸等の需要分野毎に種類別市場構成比、需要動向等)、及び種類別市場動向(殺虫剤、殺菌剤、殺虫・殺菌剤、除草剤の種類別市場における需要分野別市場構成比、参入企業動向等)を調査。また、2014年版では、近年、多くのITベンダーからのシステム提案がなされてきているICTを取り入れた新しい農業についても特集。こうした新しい営農経営スタイルは農薬業界にも無関係ではありません。農薬メーカー各社が展開する総合ソリューションビジネス動向と併せ、今後の農薬事業戦略検討への資料提供を目的として企画いたしました。


発刊日: 2014/06/30
体裁: A4 / 410頁
書籍 定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版) 定価 118,800円 (本体 110,000円 消費税 8,800円)
セット(書籍とPDFレギュラー) 定価 151,200円 (本体 140,000円 消費税 11,200円)
PDFコーポレート(法人内共同利用版) 定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円)
セット(書籍とPDFコーポレート) 定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円)


■本資料のポイント
・特集掲載「注目されるICTを活用した新しい農業」
・法人営農増加で従来の営業・流通は行き詰まり感
・厳しさ続く国内市場を背景に各社アジアマーケットに注力
・各社取組が進む家庭菜園向け商品の充実
・農家ニーズを掴み普及拡大する「省力化薬剤」
・セグメント別営業力強化に取組む外資系メーカー動向
・原体・製剤、農・非農耕地等、総合農薬メーカー戦略
・需要分野(農・非農・家庭)別の種類別農薬構成比
・種類別農薬の需要分野市場構成比を掲載
・需要分野別・種類別農薬市場規模・市場予測
・参入企業の農薬事業戦略分析(国内外・生産・流通他)
・有力農薬市場参入28社の詳細個別企業動向


⇒詳細内容・お申し込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/C56109500
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング