進和建設工業(株)のペンギンと地球を守るエコキャンペーン 外断熱工法を推進する『34.1度割り』を実施します!!

DreamNews / 2014年7月17日 12時0分

進和建設工業株式会社(本社・大阪府堺市/代表 西田芳明)は建物による環境保全への貢献を目指し、冷暖房の使用を抑制し、環境保全に役立つ外断熱工法でのマンション建築を普及させるため、夏のエコキャンペーン「34.1度割り」を夏季休暇期間を除く8月1日(金)から8月30日(土)まで実施いたします!

同キャンペーンは近畿全域を対象に、過去3年間の大阪府の8月平均最高気温の
34.1度を基準として、建築契約日の気温によって外断熱工法マンションの建築費を
割引きするものです。

当社では、期間中に10件の外断熱賃貸マンションの建築契約を目指し、今後、外断
熱マンションを主力商品として展開していきます。
【キャンペーン概要】
【キャンペーン期間】 2014年8月1日(金)~2014年8月30日(土)
【内容】  外断熱マンションの建築契約をした日の最高気温が基準の
気温よりも高かった場合、差引き気温をパーセンテージとして、
建築費より割引する。
     ※消費税、その他別途工事費は含みません。

【対 象 商 品】 外断熱工法の賃貸マンション
【基 準 気 温】 34.1度(2011年~2013年の大阪府の8月平均最高気温)
【気温観測地点】 マンション建築場所がある市町村
【契約日定義】 仮契約を交わした日
【販売エリア】 近畿全域
【キャンペーンサイト】http://www.e-shinwa.net/news/?p=903

※例)建築費が2億円、契約日の最高気温が38度の場合
   建築費から3.9%を割引き(38-34.1=3.9)2億円×3.9%=780万円の値引きとなる。


【お問い合わせ先】  進和建設工業(株) 広報室:岩永 
              TEL:072-252-1049  Email:info@e-shinwa.net   
              HP: http://www.e-shinwa.net/



【実施した背景】
今世紀後半には南極のコウテイペンギンが約2割減り、絶滅危惧種となる
恐れがあると言われています。
その原因は地球温暖化による南極の氷の減少と言われています。


 大家族主義で経営を行っている当社は、「身を削って子供を守る」という生態に
感銘をうけ、コウテイペンギンを会社のキャラクターに採用しており、建設を通して
地球温暖化を防止し、コウテイペンギンを救いたいと思っています。


 そこで考えたのが「外断熱工法マンション」の普及です。
外断熱工法では、家庭での使用量の1/4を占めるエアコンの利用を大幅に減らす
ことができます。家庭でのエコ活動にも繋がり、躯体も傷みづらくメリットの多い外
断熱工法ですが、日本で外断熱が普及しない原因の一つに「費用が割高である」
ということが挙げられます。

 このキャンペーンでその問題を解決し、一棟でも多くの外断熱マンションを普及さ
せ、地球温暖化の防止、そしてペンギンの保護につなげていきたいと思っております。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング