クロード・ミレール監督『伴奏者』DVDリリース

DreamNews / 2014年7月23日 10時0分

写真

 ロベール・ブレッソン、ジャン=リュック・ゴダールといった巨匠の助監督をつとめ、フランソワ・トリュフォー監督作品の製作に携わり「トリュフォーの後継者」とされた、名匠クロード・ミレール監督(『なまいきシャルロット』『小さな泥棒』)が描く、美しい愛の物語。『伴奏者』DVD 8月22日(金)ついにリリース!

株式会社アイ・ヴィー・シーは、クロード・ミレール監督『伴奏者』を、8/22(金)にリリースいたします。
ロベール・ブレッソン、ジャン=リュック・ゴダールといった巨匠の助監督をつとめ、フランソワ・トリュフォー監督作品の製作に携わり、「トリュフォーの後継者」とされた、名匠クロード・ミレール監督(『なまいきシャルロット』『小さな泥棒』)が描く、美しい愛の物語です。
 主人公を演じたロマーヌ・ボーランジェ(『野性の夜に』『太陽と月に背いて』)は当時アイドル女優として高い人気を誇っていました。彼女の初々しくも確かな演技がドラマを支えています。
 劇中で使用される楽曲には、ベートーベン「弦楽四重奏第1番 ヘ長調 Op. 18, No. 1」、モーツァルト「孤児院ミサ」、シュトラウス「子守唄」、シューマン「子供の情景」、シューベルト「夏の夜」などがあり、クラシック音楽ファンの方たちのご興味にも添える内容となっています。
 今回が初DVD化となる名作を、この機会にどうぞご覧下さい!

「自由に生きる女と自由を知らない少女、
憧れと嫉妬、
伴奏者の誰もが背負う宿命、
そして、せつなすぎるラストシーン!
少女が奏でるピアノの音色の美しさに嫉妬した私です。」
西村由紀江(作曲家/ピアニスト)



【物語】
第二次大戦下のパリ。
時代に翻弄されながら、切なくもたかまる男と女の情熱。

1942年、ドイツ軍占領下のパリ。20歳のソフィーは、憧れのオペラ歌手イレーヌのピアノ伴奏者になる。イレーヌとその夫シャルルの住いに共に暮らし、すべてを捧げる日々が始まる。コンサートは好評を得るが、成功の背後にはドイツ軍による企みがあった。シャルルは国外への逃亡を企て、3人はロンドンで新たな生活を始める。そこにはイレーヌの愛人ジャックも暮らしていた…。

【8月22日発売作品】
『伴奏者』DVD

■お問い合わせ先
発売元:株式会社アイ・ヴィー・シー 
〒107-0061 東京都港区北青山3丁目5番21号 加藤ビル4F
TEL: 03-3403-5691  FAX: 03-3403-4921
Mail: info@ivc-tokyo.co.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング