【IDTechEx発表】スマートウィンドウとスマートガラス産業へ新規参入者が現れる

DreamNews / 2014年7月22日 9時0分

IDTechEx は出版レポート「スマートウィンドウとスマートガラスの技術、市場、予測 2014-2024年」のプレスリリースにおいて、スマートウィンドウとスマートガラスという新興産業は技術の誇大宣伝ではなく円熟した新たなガラス技術を反映しているものであり、また同産業には新たな参入者が出現している、との調査結果を発表しました。

◆ プレスリリース本文


スマートウィンドウとスマートガラス産業へ新規参入者が現れる
2014年7月10日

スマートウィンドウとスマートガラス産業へ参入する非ガラスメーカー

IDTechEx社の新刊レポート「スマートウィンドウとスマートガラスの技術、市場、予測 2014-2024年 - Smart Windows and Smart Glass 2014-2024: Technologies, Markets, Forecasts」では、各種のスマートウィンドウとスマートガラスにおける技術、この新たな産業を出現させた促進要因、様々な技術のパフォーマンスと潜在的市場価値、それらの主要企業が持つ戦略について理解を深めることのできるすべての情報を含んでいる。スマートガラスは物質科学の新たな功績で、エネルギー効率化と快適かつ高機能なビル自動化に対する需要に基づいた新たな技術のポートフォリオ である。

この新興産業へ新規に参入した企業にMerck Groupのケースがある。Merck KGaA 社はMerck Groupの中で機能性材質部門 を担い、グループ収益の15%である16億5000万ユーロをもたらしている。テレビ、タブレット、スマートフォンに使用される液晶画面の世界最大メーカーであるが、現在はオランダのスマートウィンドウ企業であるPeer+社の100%買収を経由することでクリーンエネルギー産業における新たな参入企業への歩みを進める。

Peer+社では、以前のMerck社にて有機化学者兼液晶科学者を務めたAndy Cumming氏をCEOとして迎え、“スマートエネルギーガラス”と呼ばれる主力商品を打ち立てている。その“スマートエネルギーガラス”では、ガラスパネルから取り込んだ太陽光によって作り出すエネルギーを使用しながら"bright"、"dark"および不透明な"privacy"の3つのモードへの切り替えを可能にすると同社は伝える。Merck社では2012年にPeer+社資本の70%を買収し、現在は残りの株式購入を進めるが、金銭面については明らかにされていない。

スマートウィンドウとスマートガラス産業における大手企業の最近の動きとしては、昨年6月にView Co.社が2013年度収益80億ドルの大手ガラス企業であるCorning社による資金調達にてシリーズEラウンドで6200万ドルを確保した。それより先に、フランスの大手ガラスメーカーSaint Gobain社(2013年には430億ユーロ)では新興企業SAGE Glass社を買収しており、2010年には8000万ドルの戦略的な初期投資を行い、2012年5月に残りの購入を行っている。
この動きの後、2012年12月においてSAGE社はView社による2つの米国特許侵害を主張する訴訟を提起した。このことは2つのエレクトロクロミックスマートガラス技術がこの新興市場の持つポテンシャルに見る巨大な利害を反映している。

しかしながら、Peer+社の技術においては、太陽光によるエネルギー発電、現在SAGE社やVIEW社のエレクトロクロミック技術がもたらしているものとは違う価値を提供するという点でそれらとは異なっている。

IDTechEx社による調査では、スマートウィンドウとスマートガラスという新興産業は技術の誇大宣伝ではなく円熟した新たなガラス技術を反映しているものであり、また同産業には新たな参入者が出現していることを報告している。これらのスマートウィンドウとスマートガラス技術は、今後10年間で7億ドル規模を超える市場となるであろう。

環境発電とスマートガラス技術とはクリーンエネルギーの追及と構築されたインフラ内でのエネルギーの効率的な利用においてお互いが補完し合うという点から、両者は自然になじみあうものである。持続可能なエネルギーシステムのための自然な公式としては、まずエネルギー効率化を達成させ(スマートガラス)、環境からエネルギーを回収し、それから削減させたエネルギー需要をクリーン技術(環境発電)によって満たしていく、ということが言えるだろう。




◆レポートについて
スマートウィンドウとスマートガラスの技術、市場、予測 2014-2024年: スイッチャブルガラス、ダイナミックガラス、マジックガラス、エレクトロクロミックガラス、サーモクロミックガラス、浮遊粒子デバイスガラス、液晶スマートガラス、色素、ダイナミックグレージング、スマートグレージング、スイッチャブルグレージング、自動調光ガラス
Smart Windows and Smart Glass 2014-2024: Technologies, Markets, Forecasts
Switchable glass, dynamic glass, magic glass, electrochromic glass, thermochromic glass, suspended particle device glass, liquid crystal smart glass, chromogenics, dynamic glazing, smart glazing, switchable glazing, and self-dimming glass
http://www.dri.co.jp/auto/report/idt/idtswinglass.html


◆市場調査会社  IDTechExについて
http://www.dri.co.jp/auto/report/idt/index.html

株式会社データリソースはIDTechExの日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

IDTechEx日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp
Eメール:office@dri.co.jp

データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/melmag/backnumber.php

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/free_appl.php

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング