大阪市阿倍野区発!アベノキッズ英語ステーション始動阿倍野区では区の将来ビジョンの柱の1つに「高いレベルの教育の提供」を掲げアベノキッズ英語ステーションと名付けた英語教育サポート施策を展開

DreamNews / 2014年7月22日 9時0分

写真

ネイティブスピーカーと共に「英語漬け」を体感する”アベノキッズ英語ステーション”を開設し、日常生活で使用する単語の発話訓練、フォニックス(発話技術)を取り入れた英語レッスンコースと、英語ゲーム、読み聞かせ、生徒同士の挨拶や自己紹介などコミュニケーションを促す英語コミュニケーションスペースの受講者の第三次募集を2014年7月22日より開始します。

子どもたちと外国人講師が年間を通して交流する英語交流事業の1つ、阿倍野区の
”アベノキッズ英語ステーション”が、平成26年6月16日から、週3日2か所(阿倍野産業会館、
桃ガ池公園市民活動センター)で合計18クラスのレッスンがスタートしています。

事業受託する留学協会関西事務局では、5月29日に阿倍野区内在住、在学の小3~6年を
対象に阿倍野区役所で体験レッスンを行いました。当日、募集50人の枠に約100人の生徒、
保護者が集まり関心の高さを物語っています。

実際のレッスンでは、3~4年生と、5~6年でクラスが分かれる英語レッスンコース(日常生活で
使用する単語の発話訓練や、会話練習、フォニックス(発話技術)を取り入れたレッスン)と、
3~6年生が受講できる、ゲームや読み聞かせ、生徒間同士のやり取りを促す英語コミュニケーション
スペースの2つのコースに分かれます。

 事務局長の嘉悦 弘一郎は、英語の音をよく聞きながら、真似をして発話したり、また英語だけではなく、
外国人特有のノリやリズムを感じてもらえたらと指導プログラムの狙いを持っています。

 また、リスニング専門のテストである児童英検に沿った内容も取り入れ、将来的にそうした試験にも
トライして英語の試験は楽しい、面白いと自信をつけてもらいたいと考えています。

さらに言葉だけではなく、文化を感じたり、視野を広げるキッカケにしてもらいたいという思いもあり、
近い将来に東京オリンピックが迫っていますので、海外文化や、外国人に日本の扉が開かれる時に、
異文化に触れている児童、興味、関心がある児童を増やしたいと思っています。


【本件に関する問い合わせ先】
留学協会関西事務局
有限会社インタートランス内
担当者:嘉悦 弘一郎

MAIL: macgreen@w8.dion.ne.jp
TEL:06-6320-8464
HP:  https://www.facebook.com/abenokidsenglishstation

留学協会関西事務局(マック英会話教室併設)
大阪市東淀川区小松1-8-6-205

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング