~「女性から見た男性のファッションについての意識調査」結果発表!~”肉食”男子=「アバクロ」”草食”男子=「SHIPS」/着てほしい”普段着”は「BEAMS」、”仕事着”は「Paul Smith」

DreamNews / 2014年7月30日 16時0分

デジタルマーケティング会社の株式会社ADDIX(本社:東京都港区 代表取締役社長:酒井大輔)が運営する、ビューティ・ファッションに特化した最新マーケティング情報を発信するブログメディア「BWRITE(ブライト)」は、同社が運営する、マーケティング特化型のクラウドソーシングサービス「Skets(スケッツ)」会員の女性199人に「女性から見た男性のファッションについての意識調査」を実施しました。

▼「女性から見た男性のファッションについて意識調査」調査結果ページ(公開日2014年7月30日):
http://bwrite.biz/a-survey-on-the-way-women-perceive-mens-fashion/

調査は20代以上の女性を対象に、今年5月に実施。メンズアパレルブランドのイメージについて、それぞれが着ていそうなブランドを挙げてもらったところ、”肉食系”男子は「Abercrombie & Fitch」、”草食系”男子は「SHIPS」、”文系”男子は「BURBERRY」、”理系”男子は「Paul Smith」がそれぞれTOPでした。

男性パートナーに”普段着として”着てほしいブランドのTOPは「BEAMS」(40.2%)。上位にはセレクトショップが多くランクインしています。一方、”仕事着として”着てほしいブランドは「Paul Smith」(34.4%)がTOP。その他、「BURBERRY」など、高級スーツで名を知られる高級ブランドが上位を占めました。

また、今回は併せて、男性パートナーとの洋服のショッピングについても調査を実施。「出かける」と回答した女性が大半を占める中、約2割の女性が「出かけない」と回答。その理由として「自分のペースでゆっくり見たい」という声があがりました。


【アンケートレポート】

■着ていそうなブランド ”肉食系”「Abercrombie & Fitch」、”草食系”「SHIPS」、”文系”「BURBERRY」、”理系”「Paul Smith」

20代以上の女性に、“ 〇〇”男子が着ていそうなイメージのブランドについて、それぞれ答えてもらいました。

“肉食系”男子が着ていそうなブランドのTOPは、アメリカンカジュアルブランドの「Abercrombie & Fitch」(31.7%)。2位以下を大きく引き離しての1位となっています。以下は、「GAP」(21.7%)、「BEAMS」(16.4%)、「ZARA」(13.8%)などが続いています。カジュアル系ブランドや、ファストファッションのイメージが強いようです。



また、“草食系”男子が着ていそう”なイメージのブランドでは、「SHIPS」(24.9%)がTOPに。以下、「UNITED ARROWS」(17.5%)、「Paul Smith」(16.4%)、「BURBERRY」(14.8%)、「BEAMS」(13.8%)となっています。2位以下の回答はばらつきが見られますが、上位にはセレクトショップが多くランクインしています。




“文系”男子、 “理系”男子についても、同様に女性のイメージを調査。

“文系”男子が着ていそうなブランドについては、1位が、「BURBERRY」(24.3%)。以下、「UNITED ARROWS」(20.1%)、「Ralph Lauren」(19.0%)、「SHIPS」(18.5%)、「Paul Smith」(16.9%)となっています。文系男子には、スーツやコートを着たビジネスマンのイメージがありそうです。

一方、“理系”男子が着ていそうなブランドの1位は「Paul Smith」(16.4%)でした。以下、「SHIPS」(15.3%)、「UNITED ARROWS」「BEAMS」 (ともに14.3%)となっています。回答には非常にばらつきがあり、理系男子のイメージはさまざまなようです。


■着てほしいブランドTOPは ”普段着”「BEAMS」、”仕事着”「Paul Smith」
男性パートナーに”普段着”や”仕事着”で着てほしいブランドを答えてもらったところ、”普段着”として着てほしいブランドのTOPは「BEAMS」(40.2%)でした。以下、2位に「UNITED ARROWS 」(33.9%)、3位に「GAP」(29.1%)、4位に「SHIPS」(27.5%)がラインクイン。上位にはセレクトショップが多く挙がっています。




一方、男性パートナーに”仕事着”として着てほしいブランドのTOPは「Paul Smith」(34.4%)でした。以下、2位「Ralph Lauren」(27.0%)、3位「BURBERRY 」(29.1%)。高級スーツなどのメンズウェアでその名を知られる、高級ブランドがTOP3を占めました。



■”両親に紹介する時に、彼氏に着てほしい”ブランドは「Paul Smith」!
 着ていたらかっこいいのは ”上司”「BURBERRY」、”父親”「Ralph Lauren」
”両親に紹介する時に着てほしい”ブランド、”「上司」や、「父親」が着ていたらかっこいい”ブランドのTOP3は、順位はそれぞれ異なるものの同じ3ブランド。男性パートナーに”仕事着として”着てほしいブランドのTOP3でも挙げられた、「Paul Smith」「Ralph Lauren」「BURBERRY」の3ブランドが並びました。

女性が、”自分の両親に紹介するとしたら、彼氏に着てほしい”ブランドのTOPは「Paul Smith」(29.6%)。2位は「Ralph Lauren」(28.9%)、3位が「BURBERRY」(27.5%)となっています。

”(男性の)「上司」が着ていたらかっこいい”と思うブランドは、「BURBERRY」(36.5%)がTOP。2位が「Paul Smith」「Ralph Lauren」(ともに30.7%)。

“「父親」が着ていたらかっこいい”と思うブランドでは、「Ralph Lauren」(40.5%)がTOP。 2位が「BURBERRY」(28.6%)、3位「Paul Smith」(20.1%)となっています。


■男性パートナーと洋服のショッピングに「出かける」77.9% 「出かけない」を大幅に上回る
男性パートナーとの洋服のショッピングについての調査では、回答した女性の大多数にあたる77.9%が、彼氏や旦那さんなどの男性パートナーと洋服などのショッピングに出かけると回答。出かけないと回答した女性は22.1%でした。  

「出かけない」と答えた女性に自由回答で理由を尋ねたところ、「自分のペースでゆっくり見たい」「1人のほうが楽」「(一緒だと)男性に気を使って自由に選べない」といった理由が上位に並びました。男性と一緒にショッピングをすることに、わずらわしさを感じている女性も少なくないようです。

■よく一緒にショッピングに出かける街 1位「新宿」2位「横浜」3位「銀座」「渋谷」
男性パートナーとよくショッピングに出かける街TOP3は、1位「新宿」(30人)、2位「横浜」(22人)、3位「銀座」「渋谷」(それぞれ18人)。多くのデパートやファッションビル、ブランドショップがあり、デートスポットとしても楽しめる街が人気を集めています。

地域別にみると、「関西」では大阪の「梅田」(13人)が、「関東・関西以外」の地域では「名古屋」(10人)がそれぞれTOP。大都市に回答が集中しました。


--------------------------------------------------------------------------------------------

 【調査実施期間】
 2014年5月22日(木)~5月27日(火)<6日間>

【調査対象・人数】
 「Skets」会員の20代以上の女性 199名(有効回答)

【調査方法】
 WEBアンケート方式(計18問)

--------------------------------------------------------------------------------------------

「BWRITE」では、今後もSkets会員に対してコスメ・ファッションに関する意識調査を定期的に行い、分析の結果を発表していきます。


■「BWRITE(ブライト)」とは?
BWRITE(http://bwrite.biz/)は、ビューティ・ファッションに特化した国内外の最新マーケティング情報を発信するブログメディアです。新しいアイデアやキャンペーン情報を発信し、ビューティ、ファッションブランドに関わる全ての方、デジタルマーケッターにとって、自社ブランドにとって役立つ情報を取得していただけるブログメディアを目指しています。

■調査アンケート収集元の「Skets(スケッツ)」とは?
Skets(https://www.skets.jp/)は、つながりを求める企業とアイデアやスキルを持つ生活者を直接結ぶ「マーケティング特化型」のクラウドソーシングサービスです。企業は、Sketsに登録する約4万名の会員からアンケート調査や、アイデア、スキルなどを募ることができ、従来のマーケティングコストを半分以下に抑えることが可能です。

--------------------------------------------------------------------------------------------

■本件に関するお問い合わせ
【BWRITE・アンケートについてのお問合せ】
BWRITE編集部 編集長 東度(とうど)亜衣
MAIL:bwrite@addix.co.jp

【Sketsについてのお問合せ】
ビジネスプラットフォーム事業部 プロデューサー 田中辰也
MAIL:support@skets.jp


プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング