2013年度CO2排出量は70,905トン、前年比4.3%増-「環境アクションプラン2013」は目標達成し終了、新プランスタート-

DreamNews / 2014年7月23日 13時0分

 SBSグループの2013年度のCO2排出量※は、70,905トンで前年比4.3%増となりましたのでお知らせいたします。なお、2011年度から2013年度までの3年間でCO2排出量を8,500トン(2009年度比10%減)減らす「環境アクションプラン2013」は、最終の2013年度も削減率16.6%となり3年連続で目標の10%減をクリアし終了いたしました。


 SBSグループの2013年度のCO2排出量※は、70,905トンで前年比4.3%増となりましたのでお知らせいたします。なお、2011年度から2013年度までの3年間でCO2排出量を8,500トン(2009年度比10%減)減らす「環境アクションプラン2013」は、最終の2013年度も削減率16.6%となり3年連続で目標の10%減をクリアし終了いたしました。

 SBSグループの2013年度のCO2排出量の増加内訳は、車両系で約1,000トン(前年比2%増)、施設系で約2,000トン(同14%増)です。増加理由は、車両系は年度後半の荷量増加に伴う走行距離の伸長、施設系は3PL事業など物流施設等の利用拡大に伴う使用電力量の増加によるものです。なお、車両1台当たりの燃費は4.83km/、前年比0.4%向上いたしました。小幅ですがエコドライブの浸透などにより毎年確実に改善しております。

 目標を大幅に上回る成果で終わった環境アクションプラン2013に続く新しいプランは、2014年度からスタートしたSBSグループ中期経営計画「SBS Growth 2017」に連動した中期環境計画「環境アクションプラン2017」で、引き続き「車両」・「施設」・「社員」の3つの柱から環境負荷軽減を図ってまいります。

「環境アクションプラン2017」
2009年のCO2排出量85,000トンを基準に、2017年までにCO2排出量を15%以上削減することをめざす

※CO2排出量の集計期間(年度)は毎年4月1日~翌年3月31日です。
以上


■ご参考
<SBSグループ概要>
 持株会社:SBSホールディングス株式会社(SBSグループ純粋持株会社)
 設立:1987年12月
 代表者:代表取締役社長 鎌田 正彦
 上場:東京証券取引所市場第一部(証券コード:2384)
 本社住所:東京都墨田区太平4丁目1番3号 オリナスタワー
 資本金:39億円 (2013年12月末現在)
 売上高: 1,322億円 (2013年12月末現在、連結)
 従業員数:13,585名 (うち正社員4,662名、2013年12月末現在、連結)
 事業内容:SBSグループは、1987年の創業以来、物流ならびに物流に付帯するサービスを充実させ、ワンストップの物流サービスをご提供することで、お客様の利益創造に貢献してまいりました。
 グループ内には、食品から超重量物までさまざまな商品を扱う企業群、路線、区域、即日配送まで多様な配送形態にお応えできる企業群、そして、物流施設開発(金融)、環境物流などの専門的な企業群を有しています。
 グループ:連結子会社23社(2013年12月末現在)
 URL:日本語 http://www.sbs-group.co.jp/  英語 http://www.sbs-group-ir.com/

■本件に関するお問い合わせ先
 SBSホールディングス株式会社
 IR・広報部 早乙女 良之
 TEL:03-3829-2240/e-mail:contact11@sbs-group.co.jp

 ※当資料に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
以 上


プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング