SRA OSS、オープンソースカンファレンス 2014 Kansai@Kyotoに出展

DreamNews / 2014年7月29日 9時0分

SRA OSSは、8月1日、2日に開催されるオープンソースカンファレンス 2014 Kansai@Kyotoに出展し、PostgreSQLサポート・トレーニングや、Zabbix、Hinemos のご紹介、PowerGres HA Pacemaker版のデモを行います。また「【入門】PostgreSQL + Pacemaker + DRBDで高可用性構成を構築してみよう」と題して講演も行います。

SRA OSS, Inc. 日本支社は、8月1日、2日に開催される、オープンソースカンファレンス 2014 Kansai@Kyotoに出展します。展示ブースで PostgreSQL サポート・トレーニングや、Zabbix、Hinemos の構築・サポートのご紹介、PowerGres HA Pacemaker 版のデモを行います。 また、1 日目には「【入門】PostgreSQL + Pacemaker + DRBD で高可用性構成を構築してみよう」と題して講演も行います。

講演の詳細及びお申込みは、以下のURLからお願い致します。
http://www.ospn.jp/osc2014-kyoto/modules/eguide/event.php?eid=21

■講演内容
(日時)
2014-08-01 (金) 13時00分

(講演内容)
【入門】PostgreSQL + Pacemaker + DRBD で高可用性構成を構築してみよう
講師:松坂 大地
担当:SRA OSS, Inc. 日本支社
レベル:入門編
対象者:PostgreSQLに興味のある方・ご利用中の方
    可用性構成に興味のある方・検討中の方
前提知識:特になし
オープンソースデータベース PostgreSQL の利用は拡大しており、Webシステムのバックエンドや
業務システムで利用されてきています。Webシステム、業務システムでは、システムのダウンタイムを
最小限に抑えることが求められます。OSSのHAソフトウェア Pacemaker と、共有ディスクなしで
可用性構成を実現するためのネットワーク越しのデータ同期を行う DRBD の組み合わせは、
安価ながらも高い可用性を PostgreSQL にもたらすことができます。

(会場)
京都リサーチパーク(KRP)  
・JR嵯峨野線(山陰線)「丹波口駅」より西へ徒歩5分
・「京都駅/西院駅/大宮駅/五条駅」からタクシーで約10分

(ご参考)
当社のPostgreSQL関連サービスは、以下をご参照ください。
http://www.sraoss.co.jp/prod_serv/support/pgsql-mainte.php


※プレスリリースに関するお問合せ
 以下のURLからお願い致します。
 https://www.sraoss.co.jp/contact.php

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング