マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、飲料市場・マーケティングパワーについて調査結果を発表

DreamNews / 2014年7月25日 18時0分

写真

今回、国内飲料メーカー11社の販売力について実査・分析した。具体的には各社営業マンの生産性、さらには自販機台数とパーマシンについてまとめている。その結果、自販機については屋内ロケーションの開拓に力を入れる動きが活発化している。また、営業活動では、スマートフォンや最新のIT技術を駆使し、ロケーションの開拓や顧客情報の収集を行うケースも多い。営業体制では、拠点の集約化などで効率化を図る動きがみられる。

概要
◆清涼飲料市場における主要各社の事業戦略を見ると、自販機事業については、屋外ロケーションが飽和状態となる中、屋内ロケーションの開拓に力を入れる動きが活発化している。具体的には、新旧問わずオフィスビルへの導入や、商業施設などへの設置提案により、自販機事業の拡大を図るメーカーが多くなっている。また、スマートフォンや最新のIT技術を駆使してロケーション開拓や顧客情報の収集などを行い、営業活動に活かすケースも多く見られる。

◆こうした中で、2014年4月に消費税が引き上げられており、自販機での販売価格も一部を除いて従来価格に10円が上乗せされた。自販機市場はCVSの店舗増、スーパーでの低価格販売などで低迷しており、さらに消費税の増税分の転嫁が加わるなど、市場を取り巻く環境は厳しさを増している。

◆飲料販売における営業体制については、引き続き拠点の集約化などで効率化を図る動きがみられる。2013年は日本コカ・コーラにおけるボトラー統合(コカ・コーライーストジャパン設立)、アサヒグループホールディングスがアサヒ飲料へカルピスの営業部門を移管、ポッカサッポロフード&ビバレッジが旧ポッカコーポレーションと旧サッポロ飲料の体制を再編するなど、大規模な動きがあった。また、キリンビバレッジは、キリングループの本社組織が1ヶ所に集約されたことで、酒類事業との連携もスムーズに行えるような体制が整っている。

◆この他、飲料・乳業、食品企業との提携も活発であり、共同開発や共同販促、自販機関連、ブランドの相互活用など、様々な形で販売を強化している。さらに、販促戦略については、FacebookやLINE、TwitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用して、認知度向上を図るとともにユーザーの囲い込みを狙う取り組みが見られる。

◆当資料では、国内飲料メーカー11社を対象に飲料事業における営業体制、営業担当者数、営業担当者の生産性、自販機台数、パーマシン、提携関係などを調査して、各社の飲料販売戦略を分析している。

TPC市場調査レポート
「2014年 飲料市場・マーケティングパワー調査」
―事業戦略のポイントは“自販機事業での屋内ロケーション開拓”―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr120140169
資料体裁:A4判152頁
発 刊 日:2014年7月25日
頒   価:90,000円(税抜)

【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 (01)号
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版


【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング