FacebookやGmailなどの通信のネットワーク帯域使用状況を可視化 ~ゾーホージャパン、NetFlow・sFlow対応フローコレクタ最新版をリリース~

DreamNews / 2014年7月31日 14時0分

ゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)は、ネットワークトラフィックの解析、帯域使用状況を可視化するNetFlow・sFlow対応フローコレクタ「ManageEngine NetFlow Analyzer (マネージエンジン ネットフローアナライザ、以下、NetFlow Analyzer)」の最新版を「リリース9.9」として、本日2014年7月31日にリリースします。

最新版「リリース9.9」では、Cisco AVCをサポートしたことで、FacebookやGmail、Twitterなど、1,000を超えるアプリケーション識別情報をレポート表示できるようになりました。

Cisco AVCについて : シスコのネットワーク機器でのアプリケーション レベルの分類とモニタリング、トラフィック制御を可能にするサービススイートです。(Cisco社Webサイトより引用)
Cisco AVCの組み込まれたネットワーク機器を有するネットワーク環境であれば、「社内ネットワーク上でいつ誰がFacebookを使っているかの調査」や「全社員で導入しているGmailなど、ビジネスに影響を及ぼす可能性のあるアプリケーションの通信品質の可視化」が可能です。

【主な新機能および改良点】
● Cisco AVC をサポート
Cisco AVC情報を含むNetFlowを受信し、NBAR2アプリケーション毎、HTTPホスト毎、QoSクラス階層毎の帯域使用情報、およびNBAR2アプリケーションの応答時間に関するレポートを表示します。FacebookやGmail、Twitterなど、1,000を超えるNBAR2アプリケーションを識別します。

【製品概要】
NetFlow Analyzerは、ネットワーク機器のインターフェースを通過するCisco NetFlowやsFlow、IPFIX、Citrix AppFlowなどのフローデータを収集・解析し、ネットワーク帯域の利用状況や傾向を可視化することで、SNMPによる監視だけでは捉えきれない障害の原因解析やセキュリティ強化、キャパシティプランニング等の適切な対策を支援します。
http://www.manageengine.jp/products/NetFlow_Analyzer/

【動作環境】
http://www.manageengine.jp/products/NetFlow_Analyzer/system-requirements.html

【ライセンスと価格】
1年間利用可能な年間ライセンスと無期限の製品ライセンスの通常ライセンスがあります。http://www.manageengine.jp/products/NetFlow_Analyzer/pricing.html



会社情報
ゾーホージャパン株式会社は、ZOHO Corporation が開発/製造したネットワーク管理関連ツール、企業向けIT運用管理ツール、企業向けクラウドサービスの日本市場への投入とサポート、コンサルティングなどの事業を展開しています。
ネットワーク管理関連ツール「WebNMS」は、シスコシステムズ、エリクソン、アルカテル・ルーセント、モトローラなど世界 2万5千社の有力企業に採用され、ネットワーク管理のOEM市場でデファクト・スタンダードとして認知されています。また、WebNMSのノウハウや経験を生かして開発された企業向けIT運用管理ツール群「ManageEngine」は、世界9万社を超える顧客実績を誇り、国内でも販売本数を伸ばしています。その他、業務改善/生産性向上を支援する企業向けクラウドサービス群 「Zoho」は、世界で1000万人を超えるユーザに利用されています。

■ 報道関係からのお問い合わせ先 :
ゾーホージャパン株式会社 マーケティング部 担当:宮田
jp-memarketing@zohocorp.com TEL:045-319-4613

■ お客様からのお問い合わせ先 :
ゾーホージャパン株式会社 ManageEngine&WebNMS事業部 営業部
jp-mesales@zohocorp.com TEL:045-319-461

■ ゾーホージャパンURL :
http://www.zoho.co.jp/ 

■ ManageEngine事業サイトURL:
http://www.manageengine.jp/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング