国際学会 「POC and mHealth Diagnostics Summit 2014」(Cambridge Healthtech Institute主催)の参加お申込み受付開始

DreamNews / 2014年8月1日 10時0分

写真

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2014年11月5日~7日 米国、ボストンにて開催されますCHI主催 国際学会 「POC and mHealth Diagnostics Summit 2014-POCおよびmヘルス診断サミット 2014年」の代理店として参加のお申込み受付を7月31日より開始致しました。

POCおよびmヘルス診断サミット

ポイントオブケア検査とモバイルヘルス装置が拡大し普及したことは、IVD市場の変革が起きていることを示唆しています。これは医療費削減と検査結果が出るまでの所要時間の短縮に対するニーズによるものです。新たに登場したDTCセグメントは、予防医学を可能にするためにデザインされた数々のツールを作り出すことで、自己負担で自身の医療情報を管理したいと考える消費者のニーズを満たすものです。初開催となる今回のイベントでは、2つの分野(技術開発、および臨床と消費者のインターフェースの進捗)における即時検査市場の動向に焦点を当てます。

ポイントオブケアおよびモバイルヘルス診断技術

Point-of-Care and Mobile Health Diagnostics Technologies: Molecular Diagnostics, Sensors, Disease Management(第1部:ポイントオブケアおよびモバイルヘルス診断技術:分子診断、センサー、疾患管理)では、即時検査が医療費を押さえながら、臨床の意思決定とケアの品質をどのように向上させることができるのかについて話し合います。

ポイントオブケアおよびモバイルヘルス診断における臨床と消費者とのインターフェース

Point-of-Care and Mobile Health Diagnostics Clinical-Consumer Interface: Go-to-Market Strategies, Innovation Path, Integration(第2部:ポイントオブケアおよびモバイルヘルス診断における臨床と消費者のインターフェース:上市戦略、イノベーション経路、インテグレーション)では、技術開発業者や臨床医、研究者、支払者、イノベーターの方々が、新たなポイントオブケア検査、患者中心の装置、消費者直結型診断、およびモバイルヘルスケアを支援するためのアプリ/デバイスを開発し、上市し、統合する際に考慮しなければならないポイントについて話し合います。

株式会社グローバル インフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、英語、韓国語、中国語で「POC and mHealth Diagnostics Summit 2014-POCおよびmヘルス診断サミット 2014年」の情報を提供するとともに、学会の参加のお申し込みを承っております。

学会:「POC and mHealth Diagnostics Summit 2014-POCおよびmヘルス診断サミット 2014年」
開催日:2014年11月5日~7日
開催地:米国、ボストン:Sheraton Boston Hotel, Boston, MA
日本語公式サイト:http://www.giievent.jp/chi299438/

≪本件に関するお問合せ先≫
Cambridge Healthtech Institute代理店
株式会社グローバル インフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング