【Machina Research発表】M2M通信対応家電機器は2023年に70億を突破し、7000億米ドルの年間収益をもたらしていくであろう

DreamNews / 2014年8月4日 9時0分

Machina Researchは出版レポート「家電セクタにおけるM2M通信 2013-2023年」のプレスリリースにおいて、M2M通信対応家電機器は2023年に70億を突破し、7000億米ドルの年間収益をもたらしていくであろう、との予測結果を発表しました。

◆プレスリリース本文
M2M通信対応家電機器は2023年に70億を突破し、7000億米ドルの年間収益をもたらしていくであろう


今後10年間での家電セクタにおけるM2M通信の採用は、ネット接続対応家電、特にインターネットTVのようなAV機器における機能性の向上が主な促進要因となることは確実である英国

英国ロンドン2014年7月28日
Machina Research社は家電セクタにおけるM2M市場についての新刊レポートを発行した。以下がその主な調査内容である:


● 現在、接続機器においてAV機器(主にコンピューターゲーム機器)とパーソナルマルチメディア(主にモバイルゲーム機器)が優勢を占める。
● 世界で使用されるM2M通信の家電機器は2023年までに72億近くへと到達していく。
● 接続機器の大部分を占めるのはAVソース(28億)とAVディスプレイ(19億)であり、それらは主にウェブTV、スマートTVおよびインターネットからの音声ソースに対する消費者からの要求によって促進されていく。
● スマートメータやプロアクティブエネルギー管理の普及がより進んでいるため、話題となったネット接続対応冷蔵庫を含む白物家電市場におけるM2M通信の採用開始は2023年以降になることが予想される
● その他新興の機器カテゴリ(家庭向け情報機器や追跡アプリケーションを含む)もまた2023年以降に市場の勢いを確保し始める。
● 2023年のM2M接続家電総市場は、名目値では6970億米ドル規模へ到達するだろう(2011年は実質5400億米ドル)。
● 最も大きな収益が見込まれるアプリケーションはAVディスプレイであり、ウェブTVコンテンツを視聴する消費者からの要求によって促進されていく。2番目に収益が見込まれるアプリケーションはAVソースであり、これもまたインターネットコンテンツである音声および動画、両方に対するユーザーからの要求によって促進されていく。
● 地域的な最大市場はアジア太平洋地域の新興国、欧州および北米で2013年の世界収益ではそれぞれ42%、22%、17%を占め、2023年では32%、26%、19%へと推移するだろう。
● WWAN組み込みモジュールのコストが大幅に低減されない限り(概ね競合技術に並ぶ程度まで)、家電の通信はWi-Fiやその他の短距離接続技術の領域内でほぼ独占される。


調査について
Machina Research社の調査レポート「家電セクタにおけるM2M通信 2013-2023年- Sector Report - Machine-to-Machine (M2M) Communication in Consumer Electronics 2013-23」では、AV機器やパーソナルマルチメディアプレイヤ、家庭向け情報機器、白物家電、ネットワーク機器、追跡アプリケーションなどの家電セクタにおけるM2M市場の将来性について定性的および定量的分析を行っている。各用途グループ別の詳細な分析と2013年から2023年までの世界6地域における接続、技術、収益、トラフィックについての予測を掲載する。


◆レポートについて
家電セクタにおけるM2M通信 2013-2023年
Sector Report - Machine-to-Machine (M2M) Communication in Consumer Electronics 2013-23
http://www.dri.co.jp/auto/report/machina/mcnrsectorce.html

◆市場調査会社 Machina Researchについて
http://www.dri.co.jp/auto/report/machina/index.html

株式会社データリソースはMachina Researchの日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

Machina Research日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp
Eメール:office@dri.co.jp

データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/melmag/backnumber.php

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/free_appl.php

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング