MapR Technologies、Amazon Web Servicesで最初のビッグデータ コンピテンシー企業に認定

DreamNews / 2014年8月5日 10時0分

マップアール・テクノロジーズ社は、Amazon Web Services (AWS) から「ビッグデータ コンピテンシー」として認定される最初の企業の1社となると発表しました。また、新たな「AWSパートナー ネットワーク (APN) コンピテンシープログラム」の一環として、AWSはMapRを、「ビッグデータ コンピテンシー パートナー」として認定しました。

カリフォルニア州、サンノゼ発 - 2014年7月29日 - Hadoopディストリビューションのトップランクに位置付けられている米国マップアール・テクノロジーズ社(本社:米国カリフォルニア州、以下MapR)は、本日付けでAmazon Web Services (AWS) から「ビッグデータ コンピテンシー」として認定される最初の企業の1社となると発表しました。また、新たな「AWSパートナー ネットワーク (APN) コンピテンシープログラム」の一環として、AWSはMapRを、顧客の成功、その尖ったテクノロジ、およびソフトウェアの信頼度に基づき「ビッグデータ コンピテンシー パートナー」として認定しました。

MapRのビジネス デベロップメント部門副社長のジョン・ポズニックは次の通り語っています。

「『APNコンピテンシー プログラム』の最初のHadoop提供企業として、あらゆる規模のプロダクション環境においてお客様が成功裏にHadoopを使えるようにサポートしていることが認められたことを大変うれしく思います。AWSにその価値を認められたことでMapRがクラウドで提供される柔軟性や拡張性、コスト効果が再確認されました。」

MapRのHadoopディストリビューションは全く一から開発されたエンタープライズグレードのプラットフォームであり、他に類を見ない信頼性、運用性、パフォーマンスをHadoopやNoSQL、データベースとストリーミング アプリケーションにもたらしました。MapRはAmazon Elastic MapReduce (Amazon EMR)のAWS Management Consoleで簡単にドロップダウンメニューから選択してお使いいただくことが可能です。MapRは複数のAWSインスタンスに対応しており、最新の高速な I/O パフォーマンスのためのSSDのインスタンスにも対応しています。 MapRとAmazon EMRのコンビネーションによりユーザは効果的に、かつ迅速にAWSクラウド上でHadoopを活用することができます。




【マップアール・テクノロジーズについて】
MapRは、Hadoopを駆使し、ミッションクリティカルかつリアルタイムな業務利用を支援する、エンタープライズグレードのプラットフォームを提供 しています。MapRは一つの統合ビッグデータ・プラットフォームの中で、かつてない安定性と使いやすさ、そして世界最高速レベルの処理性能を HadoopやNoSQL、データベース、ストリーミングアプリケーションにもたらしています。MapRはフォーチュン100企業やWeb 2.0企業を中心として、金融サービス、小売業、メディア、医療機関、製造業、通信、政府機関等、500社以上のお客様にご利用いただいております。また、アマゾン、シスコ、グーグル、HPは、MapRの強力なエコシステムパートナーです。投資家には、Google Capital, Lightspeed Venture Partners, Mayfield Fund, NEA, Qualcomm Ventures and Redpoint Venturesが名を連ねています。MapRは米国カリフォルニア州に本社を置き、東京都千代田区に日本法人を構えています。

ホームページ:http://jp.mapr.com/
Facebook  :https://www.facebook.com/maprjapan
Twitter :https://twitter.com/mapr_japan

【お客様からのお問い合せ先】
マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel: 03-5288-5370  Email: sales-jp@mapr.com

【報道関係者からのお問い合せ先】
マップアール・テクノロジーズ株式会社
Email: maprpr@leadplus.co.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング