【ABIリサーチ調査報告】非セルラーM2Mの市場分析

DreamNews / 2014年8月11日 16時0分

米国市場調査会社ABIリサーチが、英文調査レポート「非セルラーM2M:低出力無線WANとホワイトスペース」を2014年8月に出版しました。

【調査レポート概要】
2014年8月発行


米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:ビジネスモデル】非セルラーM2M:低出力無線WANとホワイトスペース」は、M2M市場による無線接続について調査しています。


M2M市場は、過去2、3年間で力強く成長し、2020年には320億の無線デバイスが導入されるだろうと予測されている。急速に成長するM2M市場は、様々なレベルのエコシステムで変化し続けるだろう。通信事業者による周波数帯取得のコストの高騰が、キャリアサービス実現のコストに直接的な影響を与えている。カバレッジのギャップ、ネットワークの複雑さ、センサデバイスのバッテリ寿命の短さ、高いCAPEXと定期的なOPEXコストが現在の接続ソリューションを形成する主要な要因である。モバイル通信ネットワーク、衛星通信ネットワーク、固定線通信ネットワークは、M2MにおけるWAN(広域ネットワーク)を独占してきたが、新しい技術が登場してきている。

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:ビジネスモデル】非セルラーM2M:低出力無線WANとホワイトスペース」は、On-Ramp Wireless、SIGFOX、Weightless、LoRa、PLANetといった新しいLP-WWAN技術に関するSWOT分析を行っている。この調査レポートは、LP-WWANの現在と今後の用途を概観し、交通・ロジスティックス、医療、産業オートメーション、インテリジェントビル、家電、スマート計測、公共セクタのインフラなどの垂直市場への採用について記載している。


The M2M market has witnessed robust growth in the last few years and is estimated to grow to an installed base of over 32 billion wireless devices by 2020. The fast growing M2M market continues to evolve with innovation across various levels of the ecosystem. The rising cost of acquiring licensed spectrum utilized by telecom operators has a direct impact on the cost of utilizing the carrier service. Coverage gaps, network complexity, shorter battery life for sensor devices, high CAPEX and recurring OPEX costs are key issues identified in current connectivity solutions.

Mobile communication networks, satellite communication networks, and fixed-line communication networks have dominated wide area network (WAN) connectivity in M2M but new emerging technologies are challenging the incumbent technologies. This report undertakes a SWOT analysis on some of the emerging LP-WWAN technologies namely On-Ramp Wireless, SIGFOX, Weightless, LoRa, and PLANet.

The report provides an overview of the current and future applications of LP-WWAN technologies to understand its adoption in vertical markets such as transport & logistics, healthcare, industrial automation, intelligent buildings, consumer electronics, smart metering, and public sector infrastructure.


ABIリサーチは、米国ニューヨークに本社をおき、幅広い視点で通信関連分野についての調査レポートを出版しています。通信、移動体・無線、IoTとM2M、位置情報、自動車技術、セキュリティ等に関して、産業・技術や半導体の動向分析や市場予測等を行い、定評を得ています。多くの調査会社が特定の分野に特化しがちな中で、総合的な調査活動を行うABIリサーチは貴重な存在です。常に調査対象を更新しつつ、最新の情報の収集・提供を行っています。

ABIリサーチの年間プログラム「リサーチサービス」は、複数の調査レポートやマーケットデータを1年間を通して提供します。対象分野の最新動向を継続的に詳細に分析するもので、アナリストへの質問時間も提供し、70以上の分野を調査対象としています。

■ 調査レポート ■

【分析レポート:ビジネスモデル】非セルラーM2M:低出力無線WANとホワイトスペース
Non-Cellular M2M: Low-power Wireless WAN and White Spaces: Business Models Analysis / AN-1319
出版社:ABIリサーチ(米国)
出版年月:2014年8月
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abian1319.html

【年間プログラム】M2Mサービスとモジュールのリサーチサービス
M2M Services and Modules Research Service
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abirsm2mm.html

(ABIリサーチのリサーチサービスは、調査レポート、マーケットデータ、最新情報を提供するABIインサイツ、アナリストへの質問時間などの組合せによって提供する年間契約の情報サービスです。)

■ 米国市場調査会社 ABIリサーチ(ABI Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html


株式会社データリソースはABIリサーチの日本販売代理店です。 調査レポートの販売、委託調査などを行っています。


◆このプレスリリースに関するお問合せ
    
ABIリサーチ 日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー   
http://www.dri.co.jp/melmag/backnumber.php

◆メールマガジンのお申し込み   
http://www.dri.co.jp/contact/free_appl.php

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング