海外大学への進学希望者4割を超える

DreamNews / 2014年8月14日 9時0分

留学・ワーキングホリデーなど海外生活サポートを行っている(株)ラストリゾートは、7月28日(月)に埼玉スーパーアリーナで行われた「マイナビ進学フェスタ」に参画し、来場者(高校生)を対象としたアンケートを実施いたしました。

アンケート結果によると、卒業後の進路として海外の大学を考えている者は5%と少ないものの、「行きたい」との意向がある者は43%となっており、まだまだ海外大学へのハードルは高いが、昨今のグローバル化に伴い興味・関心は上昇しているのではと推察している。
「行きたい」と考えている者にその理由を聞いたところ、
「語学力の向上(53%)」「国際的視野を広げたい(53%)」「国際交流をしたい(40%)」が高く、語学力だけでなく国際感覚も身に付けたいとの意向も見られたが、「就職に有利」は15%と低く、海外の大学に行くことが就職に繋がるというイメージはあまりない様子。

さらに、大学進学以外に海外に行く方法として興味があるものでは、
「海外旅行(55.3%)」「ホームステイ(49%)」「短期留学(40%)」の順となり、まずは短い期間で海外を体験し、より具体的な海外生活をイメージすることが必要ではないかと同社は考えている。

なお、『ワーキングホリデー制度』について「(名前も)知らない」と回答した者は80%であった。
※ワーキングホリデー制度とは二国間の取り決め等に基づき、おおよそ18歳~30歳の方が異なった文化や生活様式を理解する為、一定期間の休暇を過ごす活動とその間の資金を補う為に一定の就労を認める制度です。
(語学学校に通うだけでなく、働きながら海外生活ができる制度です)

【進学に関する意識調査】
調査対象:マイナビ進学フェスタ来場者(高校生)
抽出方法:来場者の中からランダム抽出
有効回答数:110(男女比3:7)

ラストリゾートでは、「お客様の挑戦する人生を応援する」という理念のもと、お客様の充実した留学生活や海外生活の実現に向けた各種サービスを提供してまいります。

■株式会社ラストリゾート
留学、ワーキングホリデー、ホームステイなど、海外生活を希望されるお客様の要望に合ったプログラムを開発・提供する「海外生活サポート事業」のリーディングカンパニーです。
全国7拠点と海外4ヶ国8都市の直営オフィスをネットワークで結び、渡航前の語学学習から帰国後の就職支援までトータルなサポートをしております。

【同件に関するお問い合わせ先】
株式会社ラストリゾート 営業推進部:浅井(アサイ)、江田(エダ)
TEL:03-5326-8109 / FAX:03-5326-8106
URL:http://www.lastresort.co.jp/ E-mail:b-to-b@lastresort.co.jp
同件以外でも、留学・ワーキングホリデーの情報提供等にご協力しております。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング