アイドルスタイリングを手掛けてきたスタイリストによるACT+と 「chardy-PEGGY LANA」がコラボレーションを実施、 8月29日オープンの新宿ルミネエスト店舗をプロデュース

DreamNews / 2014年8月14日 11時0分

株式会社ACT+(代表取締役:林絹江、本社: 東京都渋谷区 以下、アクタス)は株式会社フレームジャパンによるブランド「chardy-PEGGY LANA」(以下、同ブランド)とコラボレーションを行い、店舗プロデュースを行うことで合意した。 ACT+所属スタイリストの木村文香が、同ブランドのチーフスタイリストに就任、8月29日にオープンする同ブランド新宿ルミネエスト店舗のプロデュースを行う。

株式会社ACT+(代表取締役:林絹江、本社: 東京都渋谷区 以下、アクタス)は株式会社フレームジャパンによるブランド「chardy-PEGGY LANA」(以下、同ブランド)とコラボレーションを行い、店舗プロデュースを行うことで合意しました。
ACT+所属スタイリストの木村文香が、同ブランドのチーフスタイリストに就任、8月29日にオープンする同ブランド新宿ルミネエスト店舗のプロデュースを行います。

20代の女性がターゲットである同ブランドは、ミーハーガーリー、甘口カジュアル、辛口レディーの3軸のトータルコーディネートを提案します。

ガールズネットワークを活かし、女子大生サークル「L‘Allure(ラリュール)」で活動する150-200人のリアルな声を商品企画に反映、消費者目線で、アパレルに留まらずライフスタイルの視点から提案します。インターネットやクチコミを重要視する、女の子たちの情報収集法に着目し、プロモーションについても、「SNSによる認知度の拡大」をコンセプトにおいています。
今後ともどうぞACT+を宜しくお願い致します。

1.本コラボレーション案件に関するお問い合わせ先
プロジェクトACT+プレスチーム info@act-us.jp
Officeal Web Page: http://www.act-us.jp

2.ブランド「chardy-PEGGY LANA-」に関するお問い合わせ先
株式会社フレームジャパン/chardy-PEGGY LANA- tel:03-6415-3236 fax:03-6415-3285
白坂優里 mail:yuri.shirasaka@gmail.com
※「chardy-PEGGY LANA」概要を添付しております


<chardy-PEGGY LANA概要>
ブランド名:chardy-PEGGY LANA-(カナ表記:シャルディペギーラナ)
ブランドディレクター:星野 有紀(カナ表記:ほしのゆうき)
オフィシャルWEBサイト:http://www.chardypeggylana.com
メインターゲット:20代女性
商品価格帯:
アウター    8,000~25,000
ワンピース   7,000~15,000
カットソー   3,000~9,000
ニット     4,000~12,000
ボトムス    6,000~15,000
シューズ    7,000~15,000
アクセサリー  1,000~8,000
雑貨      1,000~5,000


2014 AUTUMWINTER CREATIVE
LAUNCH CAMPAIGN MODEL: LAURA REBEIRO/ ラウラ ・ リベイロ
ブラジル生まれ、ロンドン育ちのファッションモデル。London College of Fashionで写真を勉強。自身のファッションブログ「Laura Takes Pictures」で発信する、旅からインスパイアされたファッションライフが女の子たちの支持を集め、ファッションインフルエンサーとして認知。NYLONオフィシャルブロガーとしても情報発信している。


フェミニンブランド 「chardy-PEGGY LANA-(シャルディ ペギーラナ)」は、「かわいいだけじゃ物足りない、いつもハッピーな気分で過ごしたい!」と考える、20-27歳の欲張りな女性がコアターゲット。姉ブランド「PEGGY LANA (ペギー ラナ)」が、ニューヨーク在住の架空の女性・ペギーのライフスタイルをインスピレーションにする一方、chardy -PEGGY LANA-は、パリに憧れて郊外のVINTAGE HOTELをDIYして住んでいる女のコのライフスタイルをイメージして、カワイイを追求する。
ブランドカラーはネイビーブルーとシュガーピンク。ベーシックカラーはミルク、エクリュ、アイスブルー、ブラック。フェミニンスタイルのキーパレットを使い、アパレルとライフスタイル雑貨を6:4で展開。SELECTブランドについては、ブランドのストーリーや素材の良質感を大切にし、バスタブやベッドを置いたショップでストーリーと共に演出する。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング