日本エンタープライズ、スマートフォンを活用した内線番号による無料通話アプリケーションサービス『AplosOne ソフトフォン』を販売開始

DreamNews / 2014年8月18日 10時30分

写真

 日本エンタープライズ株式会社は、スマートフォンを活用した企業の内線電話網を構築するアプリケーション『AplosOne ソフトフォン』を開発し、平成26年8月18日より販売開始いたします。

日本エンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:植田勝典)は、スマートフォンを活用した企業の内線電話網を構築するアプリケーション『AplosOne ソフトフォン』(*1)を開発し、平成26年8月18日より販売開始いたします。

 ビジネスフォンを使用した従来の内線電話網環境と比べて、『AplosOne ソフトフォン』を導入いただくことで、以下のメリットを享受していただけます。

『AplosOne ソフトフォン』導入のメリット
(1)従業員のデスク上のビジネスフォン(固定電話)は不要となり、スマートフォンを内線電話として使用できるようになる。
(2)本社・拠点とスマートフォン間の内線番号による無料通話が可能となる。
(3)オフィスの固定電話番号にかかってきた外線着信は、従業員のスマートフォンへ直接「転送」できる。
  電話応対業務でよく使用される「転送」、「通常保留」、「パーク保留」、「スピーカーフォン」、「ミュート(消音)」、 「ピックアップ(代理応答)」、「ボイスメール」など、ビジネスフォンの基本機能を搭載。ビジネスフォンによる従来の内線電話環境と同等の、操作性に優れた環境を提供。
(4)スマートフォンならではの利便性の高い「WEB連絡帳」機能を搭載。「WEB連絡帳」は、管理者が内線番号や顧客番号を一元管理して各端末に保有させることのできるソフトフォンならではの機能で、従業員は管理者が更新した最新の電話番号を常に使用することができる。
(5)オフィスの固定電話番号(東京03、大阪06などの0ABJ番号)での外線発信が可能なため、個人所有のデバイスを業務で利用するBYODやCYOD(*2)環境においても、公私分計(*3)を気にすることなく利用できる。


 職場への業務用スマートフォン導入率は、平成23年は7.7%、平成24年は14.5%、平成25年は23.5%(リクルートマーケティングパートナーズ調べ)と着実に増加しています。こうした状況の中、本社・拠点とスマートフォン間での内線番号による
「いつでも、どこでも、つながる」無料通話を実現する『AplosOne ソフトフォン』は、迅速な電話応対による業務効率化及び顧客満足度向上、また無料通話によるコスト削減を実現するソリューションとなります。

 当社は今後も、電話やFAXをコンピュータシステムに統合するCTI連携ソリューション(Computer Telephony Integration)、 アプリケーション、音声サービスなど多種多様な商品・サービスを開発、提供してまいります。

(*1) 『AplosOne ソフトフォン』は、IP-PBXソリューション『AplosOne』のオプション製品です。当社子会社の株式会社and Oneが開発したVoIPエンジン『Primus SDK』を採用しています。
(*2) BYOD (Bring Yourself Own Device) ・・・個人所有の端末を業務で活用する利用形態
CYOD (Choose Yourself Own Device)・・・企業が選定したデバイスから、従業員が個人所有する端末を選び、業務で活用する利用形態 
(*3) 公私分計・・・携帯電話からの発信料金を通話の用途や相手によって区別し、明細書を発行することができるサービス  



● 『AplosOne ソフトフォン』の機能・仕様
<プッシュ通知>
  アプリが起動していない、もしくはバックグラウンドにある場合の着信をプッシュ通知で受信します。プッシュ通知表示より、アプリを起動して速やかに受話できます。
<WEB連絡帳>
  「パブリック」、「プライベート」、「お気に入り」で構成されており、「パブリック」は共有する電話番号(顧客や内線番号)を管理者が更新できる機能です。「プライベート」は端末内の連絡先を表示します。「お気に入り」には、「パブリック」、「プライベート」両方の番号を登録できます。
<スピーカーフォン、ミュート>
  スピーカーフォン、消音を利用できます。
<履歴>
  発信、着信の履歴を表示します。
 ※iOSの仕様により、プッシュ通知で受話できなかった着信の履歴は表示されません。
<ピックアップ>
  他の固定電話、ソフトフォンの着信を代理応答できます。
<通常保留、パーク保留>
  通常保留のほか、固定電話、ソフトフォンが混在する環境でパーク保留(通話中にパーク保留ボタンを押すことで通話相手を保留し、任意の電話機から保留解除できる機能)を利用できます。
<ボイスメール>
  ボイスメール(留守番電話)を利用できます。
<対応コーデック>
  iLBC、G.711(PCMU)、G.722
<対応OS>
  iOS(iOS7以上)、Android(Android 4.0以上)


●本件に関するお問い合わせ
 【報道関係の方】
  日本エンタープライズ株式会社 管理本部 総務部 広報・IRグループ 【担当:松本、渡辺】
  TEL:03-5774-5730  FAX:03-5774-5735  MAIL:ir@nihon-e.co.jp
 【サービスに関するお問い合わせ】
  日本エンタープライズ株式会社 事業本部 システムソリューション部 【担当:渕橋、栗本】
  TEL:03-5774-4605  FAX:03-5774-4602  MAIL:pbx-support@nihon-e.co.jp





※ AplosOne は、日本エンタープライズ株式会社の登録商標です。

※ Primus は、株式会社and Oneの商標または登録商標です。

※ 記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング