【ABIリサーチ調査報告】ヘッドユニット用半導体とプラットフォーム

DreamNews / 2014年8月18日 17時0分

米国市場調査会社ABIリサーチが、英文調査レポート「ヘッドユニット用半導体とプラットフォーム」を2014年8月に出版しました。

【調査レポート概要】
2014年8月発行


米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:技術】ヘッドユニット用半導体とプラットフォーム:自動車と消費者向けICサプライヤ」は、自動車のヘッドユニット用の半導体部品について調査しています。



自動車のヘッドユニットは長期の開発サイクルの特許ソリューションやティアワン主導の双方向から、プラットフォーム設計へと移行しつつある。フォード社は、2007年にフリースケールのCPUハードウェアベースの車載情報システム「SYNC」による音声応答を設置し、ウインドウズの内蔵OSによって開発時間を短縮し、より重要なのは、従来のティアワンサプライヤから独立することができた。高度インフォテインメント、HMI(ヒューマンインターフェース)、安全性、テレマティックス機能などによって、ヘッドユニットはますます複雑になり、ハードウェアのアプローチは、完全参照設計やオープンソースの自動車インフォテインメントのGENIVIコンソーシアム、フリースケール、ルネサス、クアルコム、テキサスインスツルメント、インテルなどのようなオープンプラットフォームへと移行しつつある。このため自動車OEMはハードウエアやソフトウエア部品の再利用が可能となり、コスト削減と市場化の時間短縮が同時に実現でき、サプライヤやデベロッパのオープンエコシステムを促進できる。

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:技術】ヘッドユニット用半導体とプラットフォーム:自動車と消費者向けICサプライヤ」は、自動車のヘッドユニットの半導体部品を調査し、ブロードコム、クアルコム、インテル、NVIDIA、CSR、ST、ルネサス、テキサスインスツルメントなどの主要企業のソリューションについて記載している。出荷数と収益予測、技術毎の市場ベンダシェアも記載している。

Automotive head-units are transitioning from proprietary solutions requiring long development cycles and Tier1-led interaction efforts towards platform designs. Ford set the tone back in 2007 with its SYNC solution based on CPU hardware from Freescale and the Windows Embedded OS allowing quicker development time frames and-more importantly-independence from the previously dominant Tier1 supplier. As head-unit complexity continues to increase with advanced infotainment, HMI, safety, and telematics features, hardware approaches are now evolving towards complete reference designs and open platforms from the likes of the open source automotive infotainment GENIVI consortium, Freescale, Renesas, Qualcomm, TI, and Intel. This allows car OEMs to further increase the reuse of hardware and software components while decreasing costs and time-to-market and at the same time leveraging open ecosystems of suppliers and software developers.
This study covers all key semiconductor components in automotive head-units and describes solutions available from major players like Broadcom, Qualcomm, Intel, NVIDIA, CSR, ST, Renesas, and TI. Shipments and revenue forecasts as well as market vendor shares per technology type are also provided.



ABIリサーチは、米国ニューヨークに本社をおき、幅広い視点で通信関連分野についての調査レポートを出版しています。通信、移動体・無線、IoTとM2M、位置情報、自動車技術、セキュリティ等に関して、産業・技術や半導体の動向分析や市場予測等を行い、定評を得ています。多くの調査会社が特定の分野に特化しがちな中で、総合的な調査活動を行うABIリサーチは貴重な存在です。常に調査対象を更新しつつ、最新の情報の収集・提供を行っています。

ABIリサーチの年間プログラム「リサーチサービス」は、複数の調査レポートやマーケットデータを1年間を通して提供します。対象分野の最新動向を継続的に詳細に分析するもので、アナリストへの質問時間も提供し、70以上の分野を調査対象としています。



■ 調査レポート ■

【分析レポート:技術】ヘッドユニット用半導体とプラットフォーム:自動車と消費者向けICサプライヤ
Head-unit Semiconductors and Platforms: Automotive versus Consumer IC Suppliers:Technology Analysis / AN-1804
出版社:ABIリサーチ(米国)
出版年月:2014年8月
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abian1804.html

【年間プログラム】自動車の安全と自律運転のリサーチサービス
Automotive Safety and Autonomous Driving Research Service
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abirssast.html

【年間プログラム】自動車インフォテインメントのリサーチサービス
Automotive Infotainment Research Service
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abirsauen.html

(ABIリサーチのリサーチサービスは、調査レポート、マーケットデータ、最新情報を提供するABIインサイツ、アナリストへの質問時間などの組合せによって提供する年間契約の情報サービスです。)

■ 米国市場調査会社 ABIリサーチ(ABI Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html

株式会社データリソースはABIリサーチの日本販売代理店です。 調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ     

ABIリサーチ 日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー   
http://www.dri.co.jp/melmag/backnumber.php

◆メールマガジンのお申し込み   
http://www.dri.co.jp/contact/free_appl.php

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング