【中国危険化学品に関わる登記と鑑定とSDSの実務及び課題】セミナー 9/19(金)[大阪]

DreamNews / 2014年8月25日 16時0分

中国危険化学品登記管理弁法は2012年8月1日より施行しており、現状中国国内の輸入企業による登記業務が進められている一方、登記にまつわる法規要求と実務の乖離があり、さらに行政の説明も時と場合によって異なる状況が生じております。今回、類似製品のグルーピング登記の実務を含め、法規要求と実務について、特にホットな話題をまとめてご報告します。

【中国危険化学品に関わる登記と鑑定とSDSの実務及び課題】セミナー 9/19(金)[大阪]
https://www.honeycomb-tr.com/cms/home.jsp?i=0636

中国危険化学品に関わる登記と鑑定とSDSの実務及び課題について解説します

本セミナーは大変好評を頂いた弊社が7月初旬に開催したものの再開催です。
前回より最新動向の部分と事例を追加しました。

中国危険化学品登記管理弁法は2012年8月1日より施行しており、現状中国国内の輸入企業による登記業務が進められている一方、登記にまつわる法規要求と実務の乖離があり、さらに行政の説明も時と場合によって異なる状況が生じております。

このような状況下は、事業者にとって、非常にわかりにくく、かつ、対応方針を決定し難い環境となっております。
そのため、危険化学品登記完了実績を数多く取得した弊社より、類似製品のグルーピング登記の実務を含め、法規要求と実務について、特にホットな話題をまとめてご報告します。

また、今回のセミナーでは迅速に課題を解決に導くため、質疑応答の時間を多く取り、非常に実務に役に立つセミナーと自信を持っておすすめ致します。奮ってご参加ください。

なお、今回のセミナー内容につきましては、同業者の方にはお断り申し上げます。

日 時: 2014/9/19(金) 13:30~16:30
場 所: 新大阪丸ビル本館4F 411会議室 (大阪市東淀川区東中島1-18-5)

要 旨:
1.中国危険化学品の最新動向
2.危険化学品登記の全般業務の概要 (対象製品、手順、期間、費用、資料など)
3.登記実務に関わるホットな話題
4.質疑応答
※内容は、状況に応じて調整、変更の可能性がありますので、ご了承ください。

講 師: 陳梅官 / ハニカム・テクノリサーチ(株) 代表取締役社長兼CEO
ほか、弊社コンサルティングサービス部専門員

受講料: 1名につき20,000円(資料代・お茶代込、消費税別)
*ケミスパート会員に登録していただくと、お得な会員価格【無料会員は3000円引き(年間3回まで)、正会員は5000円引き(年間12回まで)】でセミナーにお申込みをしていただけます。

主 催: ハニカム・テクノリサーチ株式会社
お申込: https://www.honeycomb-tr.com/cms/home.jsp?i=0636
お問合: 03-6416-8512

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング