【TDGリサーチ社 発表】4K - 遅れてもあってこそ:4Kコンテンツの視聴は2019年に普及し、それ以降に急速な成長をみせていく

DreamNews / 2014年8月25日 17時0分

写真

TDGリサーチ社は出版レポート「4Kビデオのエコシステム予測 2014-2025年」のプレスリリースにおいて、4KビデオやウルトラHDビデオのユーザー消費は、少なくとも今後5年間においてはニッチな市場にとどまるものの、4Kコンテンツの視聴は2019年に普及しそれ以降は急速な成長をみせていく、との予測結果を発表しました。

◆プレスリリース本文

4K -遅れてもあってこそ

TDGリサーチ社の新刊レポートではマスマーケット、OTT配信や従来のVODから年月を経て登場してきた4Kビデオエコシステムが担う重大な初期の役割について解説している。

テキサス州プレイノ、2014年8月14日

4KビデオやウルトラHDビデオのユーザー消費についての予測は過度に楽観的であるとTDGリサーチ社の新刊レポートは伝えている。最終的には4Kが主流となっていくわけであるが、少なくとも今後5年間においてはニッチな市場にとどまり、4Kコンテンツの視聴は2019年に普及し、それ以降に急速な成長をみせていくと見込まれている。



TDGリサーチ社の調査レポート「4Kビデオのエコシステム予測 2014-2025年- Forecasting the 4K Video Ecosystem 2014-2025」では4K対応デバイス、4Kコンテンツ、およびユーザーのビデオ視聴のうちで最終的に4Kが占めるシェアについて、中期的および長期的な分析と予測情報を提供している。

新刊レポートの著者であるJoel Espelien氏は4Kビデオの視聴率は4K機能を携えたスマートTVの消費者による購入によって短期的には促進されていくと伝えているが、消費者の認知度が低いこと、高額な商品価格、4Kコンテンツの不足といったことから4KTVの普及には多くの人々が考えるよりも時間を要するであろうと指摘する。そこで4K対応デバイスの登場がこのギャップを埋める支えとなっていく。

Espelien氏によると、例えばAmazon、Apple、Rokuなどの企業ではiSTBをスマートTVに取り込んでOTTサービスからの4K配信を行っていくであろうと述べている。またEspelien氏は「これはブロードバンドビデオの品質における‘ハロー効果’をもたらし、NetflixやAmazonらのOTTサービスとの大きな差別化を図ることができる。」と語る。「ビデオ品質に対する消費者の認識を再修正させ、ブロードバンド配信サービスの価値提案を強化させることのできる貴重なツールとなっていく。」

iSTBおよびブルーレイの事業者が、2017年における4Kビデオ視聴の約5分の1をそれぞれ が占めていくとTDGリサーチ社は伝えている。物理的なディスクでは短期的な成功を治めるにとどまるが、4K対応iSTBは‘ビッグ4’(Apple、Amazon、GoogleおよびMicrosoft)による支援;1~2年の交換サイクル(TVのサイクルは7~8年なのに対して);市場へ完全に普及したときの購入額が100ドル程度になる、といったようないくつかの要因によってその消費は大幅に推し進められていくと見込まれている。そういったことから4K対応iSTBは予測期間において力強い普及を続け、従来型の有料TV会社の提供するSTBとは別に4Kビデオを視聴するための単独の重要プラットフォームとなり、4KスマートTVを追い抜いていくであろう。

OTT配信ビデオが4Kビデオの最も注目すべき短期的な促進要因となっていく一方で、有料TV事業者もまた決定的な役割を担っていく。有料TV事業者は4Kのオンデマンドサービスの提供を開始しながら、エコシステムが成熟していくに従ってゆっくりと4Kのライブ視聴の配信支援についても行っていく。Espelien氏は「市場参入のタイミングやその他の選択肢の存在にも関わらず、有料TV事業者では有料TVが持つ独自の力強さや事業者の持つスーパーボウルやオリンピックのような必見ライブイベントの配信能力によって4K対応STBの配信を優位に行っていく状況を推し進めていくであろう。」と語る。

TDGリサーチ社の調査レポート「4Kビデオのエコシステム予測 2014-2025年- Forecasting the 4K Video Ecosystem 2014-2025」では4Kビデオの今後を展望し、業界の利害関係者が進むべき道について解説する。

レポートには以下の内容を含む:

● 飛躍的な成長を見せる視聴セクタにおいて、ライブ配信からオンデマンド視聴への転換が図られていくことやビデオが視聴される多様なスクリーンで4Kがいかに活躍をみせていくかなどを含めたビデオ解像度が担う役割
● 4Kを支えるデバイスの能力、4Kビデオ視聴に使用されるデバイス、4Kビデオコンテンツの動向やその他情報を含む4Kエコシステムを定義する重要要素についてのTDGリサーチ社の10年予測情報
● デバイスの出荷量のみならず、ビデオエコシステムが4K技術をどの範囲にわたってどのペースで包含していくかについて理解するための情報
● 主要な利害関係者がこの市場における不確定な潜在性に最も効果的に到達するための戦略的提言



◆レポートについて
4Kビデオのエコシステム予測 2014-2025年
Forecasting the 4K Video Ecosystem 2014-2025
http://www.dri.co.jp/auto/report/tdg/tdg4kvideo.html

◆市場調査会社 TDGリサーチ社 (TDG Research) について
http://www.dri.co.jp/auto/report/tdg/index.html

株式会社データリソースはTDGリサーチ社の日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ

TDGリサーチ社日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
http://www.dri.co.jp
Eメール:office@dri.co.jp

データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/melmag/backnumber.php

メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/free_appl.php

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング