期限付き防災備蓄品の入れ替えタイミングを、メールでお知らせ!  「備蓄品メンテナンスコールシステム」開始

DreamNews / 2014年8月25日 18時0分

写真

企業・官公庁向けに間接材購買と物流・調達のソリューションを提供するビズネット株式会社は、防災対策ソリューション「ビズネットセーフティー」の一環として、飲料水や食品・電池などの有効期限を守らなければならない防災備蓄品入れ替えのタイミングを備蓄品管理担当者にメールで通知するシステム「備蓄品メンテナンスコールシステム」を2014年8月1日よりスタートしました。

企業・官公庁向けに間接材購買と物流・調達のソリューションを提供するビズネット株式会社(本社:東京都千代田区、社長:山本哲男、http://www.biznet.co.jp/)は、防災対策ソリューション「ビズネットセーフティー」の一環として、飲料水や食品・電池などの有効期限を守らなければならない防災備蓄品入れ替えのタイミングを備蓄品管理担当者にメールで通知するシステム「備蓄品メンテナンスコールシステム」を2014年8月1日よりスタートしました。

「備蓄品メンテナンスコールシステム」は、ビズネットのWEBフォームに企業が所有する防災備蓄品(※ビズネット以外で購入した商品も登録可能)の種類・数量・有効期限データをご入力いただき、期限切れで入れ替えが必要な商品をご指定のタイミングでメール通知をお届けする業界初のシステム。「災害に備えて物品を購入したものの、次の入れ替えのタイミングがいつなのか把握できない」「各オフィスに分散している備蓄品の期限をまとめて管理したい」― そんなご担当者様の悩みにお応えして、各品・各場所の期限管理が一括で可能になります。

また、登録された備蓄品の期限データはエクセル形式でダウンロードできるので、次年度必要な備蓄品購入予算の立案にもご利用いただけます。「備蓄品メンテナンスコールシステム」の利用料は登録時のみ1社1万円。今回のサービス開始により、初年度新規導入2000社を目指します。



<「備蓄品メンテナンスコールシステム」の特長>

■防災備蓄品の有効期限を自動通知!
防災備蓄品には飲料水、食品、電池、カイロなど有期限の物品があり、定期的に入れ替える必要があります。しかし商品が多岐にわたることや、備蓄品が各オフィスに分散されていたり、購入タイミングの違いで同じ物品でも有効期限が不ぞろいだったりと、期限管理には煩雑な手間がかかっていました。

そこで「備蓄品メンテナンスコールシステム」では、ご登録いただいた管理担当者や複数社員のメールアドレス(※最大5つまで)に物品の期限が切れる3カ月前・半年前などご希望のタイミングでメッセージを自動通知。チェック漏れを防ぎ、メール受け取り後、備蓄品を入れ替え新たに情報登録すれば、引き続き同システムを利用できます。担当者変更時もスムーズに管理を引き継げます。


■購入予算案作成に役立つダウンロードデータ形式
期限切れが近づいたデータだけをピックアップしてダウンロードすれば、どの物品を入れ替える必要があるか把握できるため次年度以降の購入予算計算に役立ちます。また、備蓄品のデータ登録はグループ分け可能なので「本社」「支社」などに分け、各オフィスの備蓄状況を管理できます。



<「ビズネットセーフティー」とは~防災対策のトータルソリューションを提供~>
「ビズネットセーフティー」は、法律・条令で定められた防災対策や経験者のアドバイスに従い、どのような防災用品を揃えるべきか、また購入後のメンテナンスはどうするべきか、などの課題に総合的にお応えし、防災対策を継続的に提案するため2014年からスタートした新ブランド。
防災用品を有識者へのアンケート等から分類し、「必須」(最も装備の優先順位が高い)、「重要」(一般的な防災対策として重要)、「有効」(災害時にあると効果的)、「法」(防災関連の法律や条令で義務付けられている)など、優先順位がひと目で分かるマークをカタログ商品に表示し、選びやすさを向上させています。
さらに、お客様に対して防災物品の利用体験研修をご実施するほか、有期限防災用品の入れ替え等、細部にわたるアフターメンテナンスにも対応いたします。



<お問い合わせ先>
ビズネット株式会社 経営管理部 広報担当(press@biznet.co.jp)
〒102-0075 東京都千代田区三番町6-14 日本生命三番町ビル
Tel.03-5860-1021 Fax. 03-3512-8550
http://www.biznet.co.jp/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング