ヒトクセ、マクロミルの「アクセスミル」と連携、動画広告接触者に対しエンゲージメント測定を含む効果測定が可能

DreamNews / 2014年8月26日 12時0分

写真

ヒトクセ、マクロミルの「アクセスミル」と連携、動画広告接触者に対しエンゲージメント測定を含む効果測定が可能


リッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas(スマートキャンバス)」を運営する株式会社ヒトクセ(本社 : 東京都港区、代表取締役 : 宮崎航)は、株式会社マクロミル(本社 : 東京都港区、取締役会長兼代表執行役社長 : 杉本哲哉)の「AccessMill(アクセスミル)」と2014年8月26日に連携しました。ヒトクセが配信する動画広告の接触者に対しエンゲージメント測定(※1)を含む効果測定が可能となりました。


【リッチメディア広告について】
リッチメディア広告は動画やアニメーションなど、静止画よりも豊富な表現を可能にし、広告効果の向上が期待されています。米国では市場が拡大しており、国内でも同様にリッチメディア広告に注目が集まっています。
現在、リッチメディア広告は、静止画広告と比較し、制作・配信費用が高価となるため、一部のブランディング広告(※2)を中心に利用されています。


【Smart Canvasについて】
動画広告やアニメーション広告など、リッチな表現をする広告の制作や配信、分析が可能となるプラットフォームで、DSP(※3)やアドネットワーク(※4)など、複数の広告配信サービスからリッチメディア広告を配信することができます。
「Smart Canvas」は、海外他社価格の1/3から1/10程度の価格で、リッチメディア広告を配信可能なことから、ブランディング広告だけではなく、獲得系広告(※5)にもコストパフォーマンスを改善するためにご利用いただくことができます。


【AccessMillについて】
動画広告の接触者や特定サイトの訪問者を解析するサービス。Webログ情報による対象者の実行動を元に、クリエイティブやフリークエンシーの違いがもたらす認知や興味の喚起、購入意欲といった態度の変動を可視化・分析します。
【株式会社マクロミルについて】
URL : http://www.macromill.com 
所在地 : 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー11F
代表者名 : 取締役会長兼代表執行役社長 杉本哲哉
事業内容 :
インターネットを活用した市場調査(ネットリサーチ)
世界各国の消費者を対象にした海外市場調査(グローバルリサーチ)
消費者購買動向調査および購買動向データの提供(QPRTM)
POSデータの提供(MMITM)
ネットリサーチ専用ASPシステムAIRs(Automatic Internet Research System)の提供
セルフ型ネットリサーチサービス「QuestantTM(クエスタント)」の提供
リサーチの企画設計・集計・分析サービス
その他リサーチサービス(定性調査など)およびマーケティングに関するコンサルティング業務


(※1) エンゲージメント測定 : 広告を見たユーザーの認知から行動までの測定です。
(※2) ブランディング広告 : 主に認知を目的とした広告です。
(※3) DSP : Demand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)。広告主が広告配信における作業を一括して管理できる広告配信プラットフォームです。
(※4) アドネットワーク : 複数の媒体に対し広告を配信するサービスです。
(※5) 獲得系広告 : アプリなど新規ユーザー獲得や商品購入などのコストパフォーマンスを高めるための広告です。


<会社概要>
株式会社ヒトクセ
代表取締役 : 宮崎 航
本社所在地 : 東京都港区4-8-1 シンシア六本木1202
URL : http://hitokuse.com/
事業内容 :
リッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas」の開発・運営

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ヒトクセ
E-mail : mail@hitokuse.com
Tel : 03-3403-0966
広報担当 : 濁沼(にごりぬま)

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング