【おむつ分野】中国における権利継続件数ランキング、トップ3はユニ・チャーム、花王、P&G

DreamNews / 2014年8月28日 11時0分

株式会社パテント・リザルトは2014年8月28日、中国特許庁に出願された「おむつ分野」関連技術について、特許または実用新案の審査ステータスが「権利継続」である件数を企業ごとに集計した「【おむつ分野】中国における権利継続件数ランキング」をまとめました。

株式会社パテント・リザルトは2014年8月28日、中国特許庁に出願された「おむつ分野」関連技術について、特許または実用新案の審査ステータスが「権利継続」である件数を企業ごとに集計した「【おむつ分野】中国における権利継続件数ランキング」をまとめ、ランキングデータの販売を開始しました。

今回の調査では、中国特許庁傘下の知的財産情報サービス専門機関である「中国知識産権出版社有限責任公司(IPPH)」が提供するデータを用い、特許審査状況を判定しました。国際特許分類(IPC)として「A61F13/49」が付与されている出願を「おむつ分野」と定義し、2014年7月末までに出願された3,219件を対象に集計しました。

その結果、1位 ユニ・チャーム、2位 花王、3位 PROCTER & GAMBLEとなりました。

上位5社中に日本企業3社がランクインしており、これらの企業が中国市場を重視している様子が伺えます。得に、1位 ユニ・チャームの権利継続件数は、2位 花王の5倍以上と、他社に大きく差をつけています。2011年以降の出願に限定して見ても、191件が出願され、そのうち39件がすでに登録となっています。

一方で、PROCTER & GAMBLE、KIMBERLY-CLARKは、2006年の出願件数があまり伸びておらず、取り下げ、放棄の件数がユニ・チャーム、花王など日本企業に比べて多いという特徴が見られます。


本分析の詳細については、簡易コンサルレポート「特定技術分野の競合分析:おむつ分野業界」にてご覧いただけます。
■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
http://www.patentresult.co.jp/news/2014/08/diaper.html


<<特許分析セミナー情報>>
http://www.patentresult.co.jp/seminar/


ウェブセミナーはじめました。
http://www.patentresult.co.jp/patent_web_seminar/


<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 営業部
Tel:03-5835-5644、Fax:03-5835-5699
ホームページURL:http://www.patentresult.co.jp/


<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-3-2 秋葉原スクエアビル4 階
事業内容:特許分析ソフトウェア、技術力評価指標の開発・販売、情報提供など

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング