株式会社コムスクエア “情報セキュリティ対策の最後の砦”に!「 情報漏えい検知BOX 」を新発売!

DreamNews / 2014年9月9日 14時30分

写真

昨今の情報漏えい事件は、対策を怠っている企業ではなく、多額の予算を投じて堅牢な情報漏えい対策を実施している大企業で発生するケースが殆どです。本製品は、すべての対策を突破された瞬間に検知し、関係者にメール、電話、その他方法で確実に通報する情報セキュリティ対策の最後の砦となります。導入簡単・低価格な手のひらサイズのアプライアンスサーバでご提供します。

【サマリー】
昨今の情報漏えい事件は、対策を怠っている企業ではなく、多額の予算を投じて堅牢な情報漏えい対策を実施している大企業で発生するケースが殆どです。
本製品は、すべての対策を突破された瞬間に検知し、関係者にメール、電話、その他方法で確実に通報する情報セキュリティ対策の最後の砦となります。
導入簡単・低価格な手のひらサイズのアプライアンスサーバでご提供します。


株式会社コムスクエア(東京都中央区、代表取締役社長:上嶌 靖 以下コムスクエア)は、サーバ・ネットワーク監視ソフトウェア「パトロールクラリス(PATROLCLARICE)」の機能を活かしたアプライアンス「情報漏えい検知BOX」を本日より販売開始いたしました。
情報漏えいの発生を、ログやトラフィックなどからの複合的な監視により速やかに検知して、関係者に確実に通報します。導入が簡単な手のひらサイズ(87x121x54mm)の小型アプライアンスで、初年度20万円(10監視項目)からご提供いたします。

▼詳細はこちら(製品サイト内ニュースリリース掲載URL)
https://patrolclarice.jp/news/20140909.html

───────────────────────────────────
どんなに守りを固めても、情報漏えいは防げない!
───────────────────────────────────

殆どの企業様は情報漏えい対策を実施されていますが、情報漏えいの原因は、社内の不正利用、ミスなどによる内部要因が、外部要因を大きく上回っています。この内部要因を、情報漏えい対策で完全に防ぐ事は不可能です。


───────────────────────────────────
起こってしまった漏えいを着実に検知することが、被害を抑える最後の砦! ───────────────────────────────────

今までの対策では情報漏えい時点で発生を認識することができないことから、これが大事件に拡大していきます。漏えい発生を速やかに検知、認識することができれば、不正をした人物の特定や必要な対策が即座に実行され、被害を最小限度に抑える事が可能となります。

───────────────────────────────────
お安く簡単に導入できる「情報漏えい検知BOX」で高精度な検知体制を実現!
───────────────────────────────────

そこで、今回コムスクエアでは、ログやトラフィックなどの複合的な監視で情報 漏えいを素早く精密に検知、通報できる「情報漏えい検知BOX」のご提供を開 始いたします。設置したら直ちに使える手のひらサイズ(87x121x54mm)のアプライアンスが、サーバー・サポート込みで初年度20万円からの低価 格でご購入いただけます。
───────────────────────────────────
800社以上に採用された「パトロールクラリス」の監視機能を駆使!
───────────────────────────────────

本アプライアンスには、コムスクエア開発のサーバ・ネットワーク監視ソフトウェア「パトロールクラリス」のさまざまな監視機能が活かされています。ログ、トラフィック、ディスクなどの多方面から複合的に対象機器を監視して、情報漏えいの発生を素早く徹底的に検知します。

「パトロールクラリス」の特徴
●エージェント(監視プログラム)を監視対象の機器内へ置かない当社独自開発の「エージェントレス型の監視方式」により、サーバ、ネットワーク機器等をリモート監視することができます。
●WEBシステム等のサービスレイヤーへの監視や、ユーザー自らが設定したコマンドの実行結果を監視できるカスタマイズ監視も可能です。
●自社利用ニーズから監視ビジネス基盤まで幅広いニーズでご利用頂け、国内外800社以上にご導入頂いております。

☆パトロールクラリスの製品サイト https://patrolclarice.jp/

───────────────────────────────────
「情報漏えい検知BOX」で検知できる事象例
───────────────────────────────────

1.USBデバイスやスマートフォンが接続(抜き差し)
2.運用ルールで許可されていないユーザーからのログインが実施
3.データを抜き出す操作のために一時的にディスク容量が急増
4.データを抜き出す操作のために一時的にトラフィック量が急増
5.データベースの操作ログから特定のキーワードが検出

───────────────────────────────────
「情報漏えい検知BOX」の機能一覧
───────────────────────────────────

●監視機能: 
ログ監視 / ログインユーザー監視 / ディスク監視 / トラフィック監視/キーワード監視 / PING監視 / 改ざん監視 / その他
●運用管理機能:
障害通知・管理機能 / 監視レポートグラフ機能 / 構成管理(カルテ)機能/ マップ管理機能

───────────────────────────────────
「情報漏えい検知BOX」ご提供価格(税抜)
───────────────────────────────────

・基本パッケージ(監視設定項目10項目迄):初年度費用 20万円 次年度以降 5万円
 *アプライアンスサーバ本体、ソフトウェアインストールの価格が含まれます。
・追加ライセンス(監視設定項目10項目毎):初年度費用  5万円 次年度以降 1万円

───────────────────────────────────
「情報漏えい検知BOX」アプライアンスサーバ 機器仕様
───────────────────────────────────

・監視サーバ :
OSCentOS 6.x
・監視サーバ スペック:
CPU:Atom N2600 1.66GHz/MEMORY:DDR SO-DIMM 2GB・800MHz/SSD:4GB/MLC + mSATA slot×1:4GB
・監視サーバ
外形寸法等87x121x54mm(マイクロサーバ) 
・消費電力:
14W監視サーバ 保守センドバック(先出し無し)
・監視対象との通信方式(外部監視):
ICMP、HTTP、HTTPS、FTP、DNS、SMTP、POP、NTP、SNMP、指定されたTCPポート、等
・監視対象との通信方式(内部監視):
telnet、ssh1、ssh2、netbios、microsoft-ds
・障害発生時の通知方式:
Mail、SNMPTRAP、CGIキック、コマンドキック、電話(オプション)
・管理ツール対応ブラウザ:
Microsoft Internet Explorer 8以上 Firefox3.6以上 Google Chrome 15以上
・最短利用期間:
ご利用開始から1年間。継続利用には更新(1年毎)のお申込みが必要。

───────────────────────────────────
本発表に関するお問い合わせ先 (営業・広報)
───────────────────────────────────

株式会社コムスクエア 銀座第1オフィス
〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-1 銀座富士屋ビル4F
TEL:03-4455-1010 FAX:03-4455-1011


※PATROLCLARICEは、コムスクエアの登録商標です。
記載されている会社名及び製品名は各社の登録商標又は商標です。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング