マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、環境浄化資材市場について調査結果を発表

DreamNews / 2014年9月18日 17時30分

写真

近年、環境関連の規制が強化される中、環境浄化資材の重要性が高まっている。特に、自動車排ガス浄化分野や、土壌浄化用薬剤などが注目を集めている。参入企業各社は、各種規制強化に対応した製品やより高機能・高付加価値な製品の開発を推進し、事業拡大を図っている。当資料では、環境浄化用活性炭、水処理剤、環境触媒、産業・業務用消臭・脱臭剤、有害物質処理剤の5品目を対象に、市場動向を調査・分析している。

概要
◆近年、世界規模で環境・持続可能社会をめざす動きが活発化している。それに伴い、国内においても、環境関連の規制が強化される傾向にあり、環境負荷低減ニーズが増加している。

◆このような背景のもと、環境浄化資材は大気・水質・土壌の各分野で、その重要性を増している。特に、規制が段階的に強化される自動車排ガス浄化分野や、改正土壌汚染対策法により需要喚起が進む土壌浄化用薬剤などが、注目を集めている。

◆その反面、国内においては、安価な輸入品の流入や、人口減による需要減少など懸念材料もある。

◆こうした状況を受けて、参入企業各社は、各種規制強化に対応した製品やより高機能・高付加価値な製品の開発を推進することで、事業拡大を図っている。

◆すなわち、今後環境ビジネスは、世界の課題を先取りすることで、事業の成長につなげられるかが一段と問われることになる。

◆本資料では、大気浄化・水質浄化・土壌浄化に用いられる環境浄化資材5品目を対象に、市場動向の調査・分析を行っている。具体的には、種類別市場規模推移、用途・分野別市場規模推移や各参入企業の事業展開動向・技術開発動向を調査・分析し、今後の環境事業戦略の策定やビジネス展開上の有用データに資する目的で企画したものである。

【調査対象】
◆環境浄化用活性炭
◆水処理剤
◆環境触媒
◆産業・業務用消臭・脱臭剤
◆有害物質処理剤
TPC市場調査レポート
「2014年 環境浄化資材の市場動向分析調査」
―環境規制を背景とした各資材の有望用途を探る―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr410140175
資料体裁:A4判105頁
発 刊 日:2014年9月18日
頒   価:87,000円(税抜)

【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 (01)号
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版


【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング