文庫売り伸ばし企画「傑作宣言プロモーション」10月1日開始 ~全国の書店員が有名作家をご指名!当店の「傑作宣言」はコレだ!~

DreamNews / 2014年9月26日 15時0分

写真

日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は、10月1日(水)より出版社ならびに全国の取引書店の協力のもと、文庫の売り伸ばし企画「傑作宣言プロモーション」を開始します。参加書店数は2,000店舗を超え、書店フェアとしては過去最高規模の取り組みとなります。

日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は、10月1日(水)より出版社ならびに全国の取引書店の協力のもと、文庫の売り伸ばし企画「傑作宣言プロモーション」を開始します。参加書店数は2,000店舗を超え、書店フェアとしては過去最高規模の取り組みとなります。

「傑作宣言プロモーション」は、全国の書店員が好きな作家を指名し、その代表作から本当に面白いと思う本を「傑作宣言」しプロモーションするという、新しいスタイルの企画です。
従来のフェアは、日販もしくは出版社が対象商品を選定し、書店で展開するという形でしたが、本企画では書店員が売りたい作家・作品を選定することができるため、より各々の書店の意向を反映しやすい形となっております。さらに、各作家の「代表作」だけでなく、その次に読んでほしい「次の一冊」も同時に紹介するという、新しい試みとなっております。

本企画で書店の「傑作宣言」の対象となるのは、講談社の文庫シリーズです。まずは日販と講談社で、候補作家24人とその「代表作」と「次の一冊」を選定し、書店員の方々には24人の候補作家の中からそれぞれ10人を選んでいただきました。書店では、指名した作家の「代表作」を大々的に展開するとともに、「代表作」を読んだ方を「次の一冊」へと誘導する売場作りを行います。それにより、作家のファンを育て、「著者買い」による売り伸ばしを図ることが狙いです。
10月のプロモーション開始に先立ち、日販では今年8月に参加書店から各指名作家の「代表作」と「次の一冊」の注文を受け付けました。その結果を作品別にみると、10月からドラマ化が控えている『すべてがFになる』(森博嗣著)が1位。その他の上位銘柄を『小暮写眞館』(宮部みゆき著)や『流星ワゴン』(重松清著)といった近年のベストセラーが占める中、『占星術殺人事件』(島田荘司著)、『十角館の殺人』(綾辻行人著)といった20年以上前の名作が上位にランクインしている点も注目です。メディア化作品や比較的新しい作品の売り伸ばしだけでなく、こうしたロングセラー商品の再ブレイクも本企画の狙いの一つです。 
 
日販では、本プロモーションの実施期間中、「著者パネル」などの特徴的な販促物を書店に提供します。書店を訪れたお客様を「代表作」から「次の一冊」へとナビゲートし、本当に面白い本をお勧めすることで、新たな本・作家との出会いを創出します。
また、日販が運営するインターネット書店・Honya Club.com(http://www.honyaclub.com/)においても「傑作宣言」キャンペーンを開催し、読者による「傑作宣言」投票イベントを実施するなど、プロモーション参加書店への来客の促進を図ります。

実施期間は2014年10月1日(水)から2015年3月31日(火)までの6カ月間となります。なお、以降も新たな作家の指名を書店から募り、継続的な施策にしてまいります。

 日販は、今後も既刊の良作にスポットを当てた施策を継続・拡大し、「本当に面白い本に出会いたい」という読者のニーズに応えるマーチャンダイジングを目指してまいります。

【添付資料】候補作家と「代表作」「次の一冊」リスト

■本件に関するお問い合わせ
日本出版販売株式会社 経営戦略室経営企画グループ広報チーム 担当:丸、正道寺
TEL.03-3233-3829  FAX.03-3295-4075
E-mail:press@nippan.co.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング