データサイエンティスト育成を目的に Dr.Sum EA/MotionBoardをLab.Cloud上で無償提供開始 ~国立大学法人九州大学大学院システム情報科学研究院への提供が決定~

DreamNews / 2014年10月1日 12時0分

ウイングアーク1st株式会社は本日より、公益財団法人九州先端科学技術研究所が運用する学習・教育・研究向け総合パブリッククラウドサービス「Lab.Cloud」上で、同社のデータ分析ツール「Dr.Sum EA/MotionBoard」を教育機関向けに無償で提供開始します。また、国立大学法人九州大学大学院システム情報科学研究院がその最初の提供先となることをお知らせします。


 ウイングアーク1st株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:内野弘幸、以下:ウイングアーク1st)は本日より、公益財団法人九州先端科学技術研究所(所在地:福岡市早良区、理事長:貫 正義、以下:ISIT)が運用する学習・教育・研究向け総合パブリッククラウドサービス「Lab.Cloud」上で、同社のデータ分析ツール「Dr.Sum EA/MotionBoard」を教育機関向けに無償で提供開始します。また、国立大学法人九州大学大学院システム情報科学研究院がその最初の提供先となることをお知らせします。

 近年、ビッグデータ利活用の需要の高まりに伴い、それを担う人材、すなわちデータサイエンティストの不足が指摘されています。その原因はいろいろとありますが、一つには、現実に実践的なデータ分析の学習・教育を行おうとしても適切な講義や講座の絶対数が不足している、現場に即したデータ分析ツールが学習・教育の現場で使えない、といったものがあります。これらの課題の解決を目指して、ウイングアーク1stおよびISITはそれぞれ以下のソリューションを組み合わせ、教育機関向けに無償提供します。

■ISIT:
「Lab.Cloud MOOC&SPOC」上で、データ分析やビッグデータ利活用に関する講義をMOOC (Massive Open Online Course) として受講者に無償で提供する場を設けています。既に、本年9月1日よりISIT自身が「ビッグデータ利活用事始め」と題した6週間コースのMOOCを提供中です。さらに、ISIT以外の第三者も含めて様々な講義が「Lab.Cloud MOOC&SPOC」上で提供される予定です。また、今回の「Dr.Sum EA/MotionBoard」の教育機関向け無償提供を受け、同ツールを用いた演習もMOOCとして提供されることが期待されています。

■ウイングアーク1st:
データ分析を行うBI (Business Intelligence) ツールとして我が国の産業界で広く使われています「Dr.Sum EA/MotionBoard」を、高校・大学等の学校教育法に基づく教育機関での教育・研究目的に限りライセンスを無償で提供する「アカデミックライセンス」を本年6月に新設しました。さらに、今回の「Lab.Cloud」への同ツールの提供により、ツールの実行に必要な計算機リソースの手配や運用、クラウド設定等に煩わされることなく、教育・研究の現場で同ツールを簡単に利用できることを可能とします。

 「Lab.Cloud」と「Dr.Sum EA/MotionBoard」は、国立大学法人九州大学大学院システム情報科学研究院に提供し、同学における実践的なビッグデータ活用のための講義で利用されることになっています。

 ウイングアーク1stおよびISITは、今後もデータサイエンティスト育成、ならびに、より良い教育・研究環境の提供に貢献してまいります。


《用語説明》
・Lab.Cloud (=Laboratory Cloud:ラボクラウド) :
公益財団法人九州先端科学技術研究所が運営する教育・研究機関向けパブリッククラウドサービス。クラウド上で大学教員・学生・研究者が各種コンピュータツールを用いて演習・実習・実験を行うための仮想的な「演習・実習・実験室」環境、および、研究のための仮想的な「研究室」環境を提供。
http://www.laboratorycloud.org

・Lab.Cloud MOOC&SPOC:
上記「Lab.Cloud」で提供されているインターネット上のオンライン講義サービス。MOOC (Massive Open Online Course) は、誰もが無料で受講することのできる公開オンライン講義。SPOC (Small Private Online Course) は、講師が受講者を限定して開講する非公開のオンライン講義。
https://mooc.laboratorycloud.org

・Dr.Sum EA:
様々な企業システム内に蓄積されているデータを統合し、高速にデータ集計・レポーティングが行えるBIツール。
http://www.wingarc.com/product/dr_sum/

・MotionBoard:
豊かなチャート表現により、企業システム内に蓄積された膨大な情報を可視化する情報活用ダッシュボード。専門知識を必要としない直感的に使える操作性と、現場の様々な要求に対応可能な柔軟性のある表現力、タブレットでいつでもどこでも情報を入手できるなど、現場部門でのデータ分析・活用を強力に支援。
http://www.wingarc.com/product/motionboard/

※本プレスリリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または商標登録です。



【お問い合わせ先】
ウイングアーク1st株式会社
TEL:03-5962-7300
FAX:03-5962-7301
E-mail:tsales@wingarc.com

公益財団法人九州先端科学技術研究所 吉松・古賀
TEL:092-852-3453/092-852-3451
FAX:092-852-3455
E-mail:lab.cloud@isit.or.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング