次世代のデータセンター管理がわかる『VM7セミナー2014』開催 「DCIM」最新情報と物理インフラ管理の新潮流「AIM」をご紹介(基調講演:AT+C EDV GmbH社/特別講演:インテル株式会社)

DreamNews / 2014年10月3日 9時30分

写真

1996年よりケーブル&ファシリティマネジメント製品の販売を手掛けるエフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社(本社:東京都台東区 代表取締役社長:笠井 庸正)は、10月28日(火)東京国際フォーラムにて、データセンター事業者様やサーバルームの運用管理者様、システムのご提案をされるパートナー様向けに、次世代のデータセンター管理の最新情報と新商品をご紹介する「VM7セミナー2014」を開催いたします。

【開催日時】  2014年10月28日(火) 13時30分 ~ 17時15分

【開催場所】  東京国際フォーラム(有楽町)
        http://www.t-i-forum.co.jp/general/access/

【基調講演】
  タイトル:欧州の「DCIM」最新情報と物理インフラ管理の新たな潮流 「AIM」
  講演者 : AT+C EDV GmbH 社長 ウォルフガング・シュローダー氏
  概 要 : AT+C EDV GmbH 1988 年ドイツ、フランクフルト市に設立。統合配線管理
      システム「VM7」を開発。 ドイツ・シーメンス社、フランクフルト市役所、ミラノ空港
      などに「VM7」を導入し、配線管理及びライフラインを 管理する大規模システムを
      構築。本講演では、近年導入 が進む「DCIM」の欧州での最新情報を紹介。また、
      ISO 規格化が進む物理インフラ管理の新しい手法「AIM」の 新商品「FUTURE-
      PATCH」をご紹介します。

【特別講演】
  タイトル:ITとファシリティの融合による次世代データセンター管理
  講演者 : インテル株式会社 データセンター・ソリューションズ
      ビジネス・デベロップメント・マネージャー 高木 正貴 氏
  概 要 : ここ数年、データセンター市場が活況を呈し、またサーバルームの改修・拡張が
      進む中、ラックや電力等のファシリ ティとサーバ等のIT 機器を統合管理する
      「DCIM」が注目 されています。本講演ではDCIMにおける電力・温度の管理を
      実現するインテルDCMによる省エネルギーと運用 の効率化を実現する為の
      手法および国内外での最新導入事例をご紹介します。

【新商品発表】
 製品名 : パッチ接続 自動認識システム 「FUTURE-PATCH」
 概 要 : パッチパネルやスイッチのケーブル接続を自動認識し、接続情報を自動登録
      するシステムです。本システムを用いることで、現場での接続作業の結果を自動
      で取得し、接続情報を正確に管理できます。接続情報取得用センサーを使用中
      のパッチパネルやスイッチに取り付け可能な為、既設機器の停止や、新しい機器
      の入れ替えが必要ありません。本セミナーでは、「FUTURE-PATCH(R)」の
      実機を用いたデモを交え、製品をご紹介します。

【製品紹介】
 製品名 : データセンター設備・ラック管理システム 「iDC Visual Manager」
 概 要 : データセンターやサーバルームのサーバやストレージ、ネットワーク機器等の
      管理・運用をされている企業様向けのラック管理システムです。サーバなどの
      資産を管理するだけでなく、使用電力や重量の管理また温度や湿度センサー等
      との連携や、熱流解析システムとの連携も可能です。
      本セミナーでは、通常機能に加えて最新バージョンでの新機能、オプションモジュ
      ールのご紹介をします。データセンターやサーバルームのサーバやストレージ、
      ネットワーク機器等の管理・運用を行うラック管理システムです。使用電力や
      重量の管理、また温度や湿度センサーとの連携も可能です。

【スケジュール】

13:00~13:30 受付

13:30~13:40 挨拶 エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社
           代表取締役社長 笠井 庸正

13:40~14:30 基調講演 欧州の「DCIM」最新情報と物理インフラ管理の新たな潮流「AIM」
           AT+C EDV GmbH(ドイツ)
           社長 ウォルフガング・シュローダー

14:30~15:00 VM7「iDC Visual Manager」製品紹介
           エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社
           CFM事業部 下 拓也

15:00~15:15 コーヒーブレイク

15:15~15:55 VM7「FUTURE-PATCH」新商品紹介
           AT+C EDV GmbH(ドイツ)
           社長 ウォルフガング・シュローダー

15:55~16:35 特別講演 ITとファシリティの融合による次世代データセンター管理
           インテル株式会社 データセンター・ソリューションズ
           ビジネス・デベロップメント・マネージャー 高木 正貴

16:35~16:55 FITPの今後のデータセンター・ソリューションの取り組み
           エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社
           CFM事業部 部長 佐田 正之

16:55~17:15 質疑応答

【参加費用】  無料

【主催】 エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社
      http://www.fitpacific.com

【協力】 インテル株式会社

【セミナーの詳細・お申し込み】
 
      http://www.fitpacific.com/solution_facility/VM7seminar2014.html



【会社概要】
  エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社
  代表取締役社長: 笠井 庸正
  本  社 : 東京都台東区浅草橋3丁目20番15号 浅草橋ミハマビル4F
  資 本 金 : 1億1,136万円
  設  立 : 1996年7月
  事業内容 : 技術商社として、自動車関連製品、ICT関連製品、医療・福祉・介護製品、
        特殊工業製品の輸入、企画・開発、販売を行っております。
        ・車両衝突実験用荷重計・試験機等の輸入販売及び保守サービス
        ・ファシリティマネジメントシステム(配線管理、オフィス資産管理、IT資産管理、
         データセンター設備・ラック管理など)の販売、データ入力及び保守サービス
        ・介護用製品、特殊工業製品(耐熱・耐圧ホースなど)の企画・販売  etc.
  U R L : http://www.fitpacific.com

【お問い合わせ】
 エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社
「VM7セミナー2014」事務局 担当:安藤・村上
 TEL:(03)5820-7021
 E-Mail:cfm@fitpacific.com
 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング