デリケートゾーンケアのLovealeラヴエルは、2014年10月10日(金)ショッピングサイト loveale.netをオープン

DreamNews / 2014年10月10日 16時0分

写真

デリケートゾーンケアのLovealeラヴエルは、2014年10月10日(金) ショッピングサイト loveale.netをオープン。 オープンキャンペーンとして先着500名様にデリケートケアソープ トラベル・携帯用をプレゼント。http://loveale.net/


デリケートゾーンケアのLovealeラヴエル(東京都中央区銀座 代表 西村眞彰)は、
2014年10月10日(金)ショッピングサイト loveale.netをオープン。
オープンキャンペーンとして先着500名様にデリケートケアソープ(トラベル・携帯用)をプレゼント。http://loveale.net/




Lovealeラヴエルの由来
Lovealeのロゴは、女性を示すハートと男性を示すスペード。
また、ブランド名「Loveale」の由来は、英単語の男性“Male”と女性“Female″の共通の三文字である“ale”と、男性と女性にも愛用されるブランドでありたいと、“Love”(愛)と“ale”を組み合わせた造語です。
Love(愛)+ale(男女共に)=Loveale(ラヴエル)
さらに、サブブランドタイトルである“WoMen Total Care”が示すように、女性と男性の体のトータルケア を目指すことをブランドコンセプトとし、老若男女の悩みを解決する商品の開発に挑みます。






美しく、おしゃれに、”自然体”を大事に
私たちは、女性も男性も美しく、充実かつ快適な生活を行うには、【真・心】の
コンプレックスを克服しなければならないと考えます。
コンプレックスと悩み、、、。
これは誰しもが抱きながらも公には言えないことであるため、
自分のコンプレックスと悩みを他の人と比べることもできず、
またどのような商品、情報で克服できるか分かりづらい環境です。

アメリカやヨーロッパでは、これらのコンプレックス、
悩みを解決する商品が市場で充実しているのに対し、
日本はまだまだ公にはできない悩みとして、商品数も少なく、
それらの存在の認知度も低いのが現状です。
Lovealeの商品とイメージが醸し出す世界は、恥じることなく、
これらの悩みと戦い、克服したいという気持ちにさせるブランドとして、
市場に堂々と"存在"させることが目的です。


そして、市場に堂々と"存在"させるには、商品イメージは、
清潔でオシャレでナチュラルであることを必要とし、
店頭での購入時に"恥ずかしい"を思わせないパッケージ、
POPづくりをめざし、"自然体"でアメリカやヨーロッパのように、
堂々と小売業界の棚に陳列されることを目標とします。
良質の商品でお客様にご提供するだけでなく、
"普通"に"自然に"購入できる流通の構築、
さらにこれら商品カテゴリー、悩みの認知度の上昇、
"当たり前"に堂々と店頭に陳列されるブランドになることこそが、
<その悩みを抱いているのは、貴方・貴女だけではなく、
みんなそうなのですよ・・>という消費者のコンプレックスに
対する安堵感を与えるものとして、消費者の心身の救世主となる
ブランドに築き上げることを目指します。




Loveale Labo.


世界中の健康&美容品、美容雑貨、エステ&スパ機材、
一般雑貨、ナチュラル&オーガニック商品などの
企画、開発、販売、マーケティング、コンサルタントなどを
行うアメリカ・ロサンゼルスに所在する女性だけの会社。

海外・日本国内の物販、マーケティング、コンサルタントを通し、
世界中の美容品、流通、習慣を熟知。

会社名(日本支社)Loveale Labo.
住所東京都中央区銀座7-6-2 石井ビル2F
代表 西村眞彰
電話番号03-3571-6113
Eメールinfo@loveale.net
ホームページ http://loveale.net/
ーーーーーーーーーーーー
当リリースのお問い合せは、西村まで。




プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング