ショットナビ、世界初「フェアウェイ中心までの距離」を計測できるゴルフ向け GPSナビゲーション端末2機種を同時発売

DreamNews / 2014年10月24日 15時0分

世界初「フェアウェイ中心までの距離」を計測できるゴルフ用GPSゴルフナビ ゲーション端末 「Shot Navi ADVANCE2 FW」(ショットナビ アドバンス・ツー エフ・ダブリュー) および「Shot Navi W1-FW」(ショットナビ ダブリュー・ワン エフ・ダブリュー)を 2機種同時に新発売 2014年10月27日(月)より全国発売

ショットナビ株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:松本 能和)は、フェアウェイ中心までの距離が計測できる新機能を搭載したカラー液晶&タッチパネル型GPSゴルフナビ「Shot Navi ADVANCE2 FW」および腕時計型GPSゴルフナビ「Shot Navi W1-FW」を2機種同時に10月27日(月)より発売します。

ショットナビ社では、「全てのゴルファーのために」を企業スローガンに、長年ゴルフ向けGPS距離計測機の開発・販売に取り組んでおります。
従来のゴルフナビではグリーンやハザードの地点といった決められた場所までの残距離表示しか出来ませんでしたが、この度販売を開始する「Shot Navi ADVANCE2 FW」および「Shot Navi W1-FW」は、電子コンパスを搭載し、当社独自のアルゴリズムおよびデータの整備を行うことで、「自身が打ちたい方向」に応じて距離を計測する世界初の新機能「フェアウェイナビ」(特許申請中)を搭載いたしました。

2機種とも、ドッグレッグホールでのショートカットや、隣のホールに打ち込んでしまい元のホールへ戻す場合など、端末をフェアウェイの打ちたい方向に向けることで、現在地からフェアウェイ中心までの距離とそのフェアウェイ中心の地点からグリーンまでの距離を瞬時に表示いたします。

『Shot Navi W1-FW』の特徴

W1-FWは、ショットナビシリーズの腕時計型ゴルフナビの第2弾で、小型ながら「フェアウェイナビ」機能をはじめ、グリーンセンター、フロント、バックおよび各種ハザードまでの距離も表示可能で、スコアカウンター機能など多くの機能を搭載しながらもファッション性を高めたウェアラブル製品となっております。

【商品名】:「Shot Navi W1-FW」
【希望小売価格】:17,000円(税抜)
【カラー】:ブラック、ホワイト、ネイビー (計3色)
【セット内容】:本体、充電用専用ケーブル
【発売日】:2014年10月27日(月)
【商品紹介URL」:http://shotnavi.jp/snp/w1fw/
『Shot Navi ADVANCE2 FW』の特徴

本製品はは2013年12月に販売を開始し、屋外で非常に視認性の高いカラー液晶を搭載し、従来までの製品における屋外でのカラー液晶の見づらさを改善した「Shot Navi ADVANCE2」に「フェアウェイナビ」機能を搭載した上位機種モデルです。

【商品名】:「Shot Navi ADVANCE2 FW」
【希望小売価格】:24,000円(税抜)
【カラー】:ブラック×ブラック
【セット内容】:本体、ACアダプター、MiniUSBケーブル
【発売日】:2014年10月27日(月)
【商品紹介URL】:http://shotnavi.jp/snp/advance2fw/
【会社概要】
会社名:ショットナビ株式会社
代表者:松本 能和
所在地:〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-10-10
TEL:03-5611-2591
FAX:03-6737-1272
URL:http://shotnavi.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
ショットナビ株式会社
Eメール:press@shotnavi.jp

※お取扱店様・販売店様も募集中です。詳しくはお問い合わせください。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング