CA Technologies、ガートナー社のMagic Quadrantの「DCIM」分野でリーダー・クアドラントに位置付けられる

DreamNews / 2014年10月24日 18時0分

~ 顧客の要求に対応するビジョンと実行能力の完全性が評価される ~

CA Technologies、ガートナー社のMagic Quadrantの「DCIM」分野でリーダー・クアドラントに位置付けられる
~ 顧客の要求に対応するビジョンと実行能力の完全性が評価される ~
(本資料は、2014年9月25日に米CAが発表した情報の抄訳です)

(2014年9月25日、ニューヨーク州アイランディア市発)
CA Technologies (本社:米国ニューヨーク州アイランディア市、CEO:マイケル・グレゴア)は本日、同社がガートナー社(Gartner, Inc.)発行のレポート“Magic Quadrant for Data Center Infrastructure Management Tools”*においてリーダー・クアドラントに位置付けられたことを発表しました。同レポートは「リーダー・クアドラントに位置付けられた各社は、包括的なDCIM機能および性能を提供している」と述べています。

このレポートで評価対象となったCA Data Center Infrastructure Management (DCIM)は、電力、冷却といったデータセンター機能およびITシステムをとりまくさまざまな環境要因を集中管理するとともに、データセンターのインフラストラクチャを構成する各種資産のスペース利用状況およびライフサイクルを管理するソリューションです。

「Magic Quadrant for Data Center Infrastructure Management Tools」レポート内でのガートナー社の見解
「リーダー各社は、現行および予測される顧客の要望に対して、より優れたビジョンと実行能力を有していることが証明されました。さらにリーダー各社は、広範囲で複雑なDCIMの導入と、関連サービスおよびサポートについても顧客からポジティブな反応を受けています。すべてのデータセンターおよび関連する施設部門の管理者、またインフラストラクチャおよび運用(I&O)
のリーダーは、中規模以上のデータセンターを管理しているのであれば、DCIMソリューションへの投資を検討すべきです。」

CA Technologies インフラストラクチャ・マネジメント事業部 シニア・バイス・プレジデント
テレンス・クラーク
「アプリケーションが鍵となるアプリケーション・エコノミーにより、組織は新しいアプリケーションやサービスをこれまでにも増して頻繁かつ迅速にローンチすることが求められています。そのため、ITと施設部門には協働してインフラストラクチャの効率性、有用性やアジリティを確保することが迫られています。今回ガートナー社にリーダーの一社として認識されたことは、弊社の努力に対する一つの証と理解しています。我々は、お客様のデータセンター最適化を支援することで、お客様のビジネスで増大するニーズをより良くサポートするべく務めています。これにより、お客様はコストの管理や、収益増加につながる新規あるいは差別化したサービスの提供が可能となります。

同レポートは、Magic Quadrant for DCIMより無料で入手頂けます。

*Gartner, Inc.,“Magic Quadrant for Data Center Infrastructure Management Tools”by Jay E. Pultz, David J.
Cappuccio, April Adams, Federico De Silva, Naveen Mishra, Henrique Cecci, Rakesh Kumar、2014年9月22日

マジック・クアドラントの免責条項
ガートナー社は調査資料で示しているいかなるベンダ、製品、サービスを支持することも、最高評価またはその他の指名を得たベンダのみを選択するよう、技術ユーザに助言することもありません。ガートナー社の調査資料はガートナー社の研究機関の意見に基づくもので、陳述書として解釈されるべきではありません。ガートナー社では、この調査に関して、特定の目的に向けた商品性あるいは適合性へのあらゆる保証を含む、明示的あるいは黙示的なすべての保証を放棄しています。

###
CA Technologiesについて
CA Technologies (NASDAQ: CA) は、ビジネスの変革を推進するソフトウェアを提供し、アプリケーション・エコノミーにおいて企業がビジネス・チャンスをつかめるよう支援します。ソフトウェアはあらゆる業界であらゆるビジネスの中核を担っています。プランニングから開発、管理、セキュリティまで、CAは世界中の企業と協力し、モバイル、プライベート・クラウドやパブリック・クラウド、分散環境、メインフレーム環境にわたって、人々の生活やビジネス、コミュニケーションの方法に変化をもたらしています。CA Technologiesの詳しい情報については、(米CA Technologies)、 (日本)をご覧ください。また、ツイッターについては、https://twitter.com/#!/ca_japan をご覧ください。

###

*本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

この件に関する報道機関からのお問合わせ先:
CA Technologies
〒102-0093  東京都 千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル9階
コーポレート・コミュニケーション部 
TEL: 03-6272-8110 FAX: 03-6272-8115
e-mail:chika.takahashi@ca.com
###

製品に関するお問い合わせ先:
CA ジャパン・ダイレクト
TEL: 0120-702-600 (受付時間: 平日9:00~17:30)
e-mail:JapanDirect@ca.com
http://www.ca.com/jp/japandirect/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング