Nordic Semiconductor、Bluetooth Smart、ANT、2.4GHzの設計に対応した、シングルボードでArduino Unoシールド互換のnRF51シリーズ開発キットを発表

DreamNews / 2014年10月29日 15時0分

写真

~低コストのnRF51開発キット(nRF51 DK)が、Arduino Unoシールド互換のシングルボード・フォームファクタで提供。サードパーティ製のArduinoシールド拡張ボードに広く対応しつつ、主要なULP無線技術のすべてを利用可能で、製品開発時には最高の柔軟性が実現。ARM mbedにも対応しており、迅速なプロトタイプ作成と開発が可能~

2014年10月28日、ノルウェー・オスロ発 -超低消費電力(ULP)RFのスペシャリストであるNordic Semiconductor ASA(OSE:NOD、以下、Nordic)は本日、Bluetooth(R) Smart(旧名称:Bluetooth low energy)、ANT/ANT+、2.4GHz独自仕様のアプリケーションに対応し、短期間で簡単・柔軟な開発が可能な、nRF51開発キット(nRF51 DK)の提供開始を発表しました。このほか、Bluetooth Smart、ANT、2.4GHzのアプリケーションの試験・分析・開発に役立つ汎用USBドングルとして、nRF51 Dongleの提供開始も発表しました。

nRF51 DKのベースとなるのは、NordicのnRF51シリーズ・システム・オン・チップ(SoC)です。この高集積トランシーバは、2.4GHzマルチプロコトル無線ブロック、32-bit ARM(R) CortexTM M0プロセッサ、128kBまたは256kBのフラッシュメモリ、16kBまたは32kBのRAMで構成されます。本SoCは、幅広い周辺機器に対応しており、クアッドフラットノーリード(QFN)とウェハレベルチップスケールパッケージ(WLCSP)のオプションが用意されています(下記リンクの「nRF51シリーズについて」をご覧ください)。また、広範なSoftDevice(NordicのSoftDeviceは、RFプロトコルと関連する管理フレームワークを内蔵した、自己完結型のスタック)をサポート可能で、Bluetooth Smart、ANT、2.4GHz独自仕様に加えて、こうしたプロトコルの組み合わせについても、シングルデバイスで対応します。

nRF51 DKは、Arduino Unoコネクタ規格と互換性があり、サードパーティ製のArduinoシールド拡張ボードと併用可能です。nRF51 DKを使用することで、すべてのデバイスの周辺機器、インターフェイス、I/Oにアクセスできます。さらに、nRF51 DKは、ユーザ側でプログラム可能な4つのボタンとLEDSに加え、電圧・電流ピンが搭載されており、デバイスの消費電力を測定可能です。

nRF51 Dongleは、コンパクトなUSB接続対応ドングルであり、nRF51シリーズSoC上の標準的なソフトウェア開発用途で使用できます。ユーザ側でプログラム可能なボタンとRGB LEDを搭載しており、NordicのnRF SnifferとMaster Control Panel(MCP)のファームウェア/ソフトウェアと併用することで、とりわけ大きなメリットを発揮します。nRF Snifferは、Nordicからダウンロード提供されるユーティリティで、nRF51 DKとの連携を通じ、Bluetooth Smartの無線パケットをキャプチャできます。次に、ここで得られた情報は、無料・オープンソースのプロトコル分析ツール、Wiresharkを使用し、閲覧・分析が可能です。上記のDK、ドングル、これら2つのユーティリティ(Nordicがダウンロード提供)は、開発者にとって非常に強力なツールであり、開発対象となるアプリケーションのBluetooth Smart通信について、試験・モニタリング・分析に対応します。

nRF51 DKとnRF51 Dongleでは、Keil、IAR、グニューコンパイラコレクション(GCC)など、標準的なツールチェーン・オプションを利用可能です。nRF51 DKは、ARM mbedTMアプリケーションの開発時にも使用可能です(ARM mbedは、ARM Cortex-Mシリーズのマイクロコントローラの使用時に、オープンソースによる開発コラボレーションが可能な、使い勝手に優れた画期的なプラットフォームです。ブラウザベースの統合開発環境(IDE)やクラウド内コンパイラのほか、ドラッグ&ドロップ方式のデバイスプログラミングなどの各種機能を搭載しています)。

標準的なツールチェーンの使用に際し、nRF51 DKとnRF51 Dongleは、プログラムとデバッグのオプションでSegger J-Link OBを使用します。さらに、nRF51 DKは、ARM mbedツールチェーンを使用した開発に際して、CMSIS-DAPによるプログラミングとデバッグをサポートします。

nRF51 DKは、実装面積がわずか63×101mmで、コイン電池ホルダーを搭載しており、対象製品のアプリケーション・シナリオでフィールドテストが可能です。DKは、nRF51シリーズSoCを使用するその他の対象ボードでも、プログラマとして使用可能です。nRF51 Dongleは、実装面積わずか16×28mmのコンパクト設計となっています。

Nordicのプロダクト・マネージメント・ディレクター、Thomas Embla Bonnerudは、次のように述べています。「nRF51 DKの提供開始により、エンジニアは、どのULP無線技術を選択する場合でも、1つのキットを購入するだけで、あらゆる製品開発に対応できます。さらなるメリットとして、nRF51 DKは、Arduino Uno互換フォームファクタの持つ柔軟性を発揮することで、大規模かつ拡大し続けるサードパーティ製Arduinoシールドを簡単に利用できます。また、本キットは、Webベースのソフトウェア、オープンソースのライブラリ、ドラッグ&ドロップのプログラミングによって、ARM mbedをサポートするため、開発者は、箱から取り出して数分以内には、プロトタイプを作成できます。」

Nordicのセールス・マーケティング担当ディレクター、Geir Langelandは、次のように述べています。
「Bluetooth Smart、ANT、2.4GHz独自仕様の無線製品の開発に取り組むプロのエンジニアや、『メーカー』セクターの熱心なアマチュアの皆様は、nRF51 DKを使用することで、スキル面でもコスト面でも、大幅にハードルが下がります。Bluetooth Smartの人気が上昇する一方、ANTと2.4GHz独自仕様についても、それぞれの得意分野で堅調な成長を見せており、開発作業に着手する際には、どのテクノロジーを選択するかは、必ずしも明確な訳ではありません。nRF51 DKを使用し、3つの主要ULP無線技術のすべてを簡単に取り扱えることで、無線技術を選択するユーザにとっては、最高の柔軟性が得られます。」

nRF51 DKは、以前のnRF51シリーズの全DK製品に取って代わるものであり、評価キットは現在、Nordicより69ドルで提供されています。nRF51 Dongleの価格は49ドルです。


nRF51シリーズについて(英語サイト)
http://www.nordicsemi.com/eng/News/Press-Center/Press-Backgrounders/About-the-nRF51-Series

Nordic Semiconductor ASAサイトについて(英語サイト)
http://www.nordicsemi.com/eng/News/Press-Center/Press-Backgrounders/About-Nordic-Semiconductor

RF Snifferについて(英語サイト)
http://www.nordicsemi.com/eng/Products/Bluetooth-Smart-Bluetooth-low-energy/nRF-Sniffer

Wiresharkについて(英語サイト)
https://www.wireshark.org


【本リリースに関する報道関係からのお問い合わせは下記にお願いいたします】
Nordic Semiconductor PRエージェンシー(日本国内) 
株式会社ブラッド・スウェットアンドビアーズ
早田真由美(ハヤタマユミ)
TEL: 03-6809-2301
E-mail: hayata@bsbeers.com

本社お問い合わせ(ノルウェー)
Marketing contact: Anne Strand
TEL: +47 22 51 10 62
Fax: +47 22 51 10 99
E-mail: Anne.Strand@nordicsemi.no
Website: www.nordicsemi.com

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング