【矢野経済研究所調査結果サマリー】マイナンバー制度の動向に関する調査結果 2014 ~マイナンバー制度導入後の利用範囲拡大の可能性について~

DreamNews / 2014年10月31日 14時30分

写真

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のマイナンバー制度の動向に関する調査を実施いたしました。

1.調査期間: 2014年6月~9月
2.調査対象・調査方法: 各種公的機関・業界団体等の関係者への直接ヒアリング、ならびに文献調査を併用

<本調査結果について>
国民の所得や納税、社会保障に関する手続きなどを一元的に管理し、税負担や社会保障給付を公平で確実に行うために、国民一人一人に番号を付与し、社会保障や税の諸手続きにおける共通番号として利用するというマイナンバー(社会保障・税番号)制度が、2016 年からスタートする。
本調査結果においては、マイナンバー制度がIT 及び市場全般に影響を及ぼす要因として、将来の利用拡大や官民連携サービスへの展開動向について、考察を行なった。

◆ マイナンバー制度の将来的な活用拡大は、「公共性の高さ」や「国民がメリットを享受できる」、「個人番号カード、マイ・ポータルの普及」がキーワードになると考える
◆ 短期的には地方自治体での活用、長期的には金融、医療、本人確認などでの利用が進捗

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。

■YRIマーケットNow!
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001319
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ
⇒YRIマーケットNow! の内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング