創刊50周年、ビジネス経済誌「経済界」の最新号が発売!「観光インバウンド7つの秘策」を特集します。

DreamNews / 2014年11月5日 16時0分

写真

株式会社経済界(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役社長:佐藤有美、以下 経済界)は、経営者向けのビジネス経済誌「経済界」(隔週火曜日発売)の最新号(2014年11月18日号)を、全国主要書店と主要ネット書店で発売しました。 【発売日:2014年11月4日】 http://www.keizaikai.co.jp/magazine/pdf/1027.pdf

株式会社経済界(本社:東京都港区虎ノ門、代表取締役社長:佐藤有美、以下 経済界)は本日、経営者向けのビジネス経済誌「経済界」(隔週火曜日発売)の最新号(2014年11月18日号)を、全国主要書店と主要ネット書店で発売します。 http://www.keizaikai.co.jp/magazine/pdf/1027.pdf

【発売日:2014年11月4日】

★特集 観光インバウンド7つの秘策

2020年までに訪日外国人観光客の数を2千万人に増やす目標を掲げている日本政府。人口減少が進むこの国で、観光産業は数少ない成長産業のひとつです。さらなる発展を目指す中で今後、観光の起爆際になり得る分野に注目しました。

 [総論]訪日観光客3千万人に向けて、知っておきたい日本の潜在力
 [秘策その1 政府]
  「憧れの国から今、行きたい国へ」松山良一(日本政府観光局理事長)
 [秘策その2 自然]
  ・ツアーから個人客へ 次のステージに入った富士山観光 富士急グループ
  ・「スノーモンキー」のほんとうの価値 地獄谷野猿公苑
 [秘策その3 産業]
  これぞニッポンの技術「学ぶ、知る、遊ぶ」で魅了する
 [秘策その4 スポーツ]
  プリンスホテル リゾートでのアクティビティにグループの強みを発揮
 [秘策その5 ショッピング]
  ・知られざる成長分野 買い物天国ニッポン
  ・大人買いを超えた!?インバウンド買い
 [秘策その6 地域]
  ANAグループ 「第2の故郷」をつくる
 [秘策その7 聖地巡礼]
  和歌山県田辺市・埼玉県久喜市(旧鷲宮町)
  伝統文化かポップカルチャーか
 [プラス1 課題]
  ・タクシー業界の対応 観光タクシーに期待も乗務員の育成が急務
  ・地域の格差が拡大 多様性を訴えるべき 星野佳路(星野リゾート社長)

★スペシャルインタビュー
「至誠天に通ず。チャンスに真剣に取り組めば人生は開ける」
斉藤 惇(日本取引所グループ取締役兼代表執行役グループCEO)

★温故知新
第14回「井戸を掘る」「産業文化財」が観光資源に変わる
須田 寛(名古屋商工会議所文化委員会副委員長)

★「公」を生きる
政局の台風の目・次世代の党幹事長が本音で語る政治歴30年の真実
山田 宏(次世代の党幹事長)×徳川家広(徳川宗家19代目) 前編

※詳しい内容はこちらから
http://www.keizaikai.co.jp/magazine/pdf/1027.pdf

▼『経済界』の詳細およびご購入はこちら
http://www.keizaikai.co.jp/magazine/

▼『経済界』の定期購読のお申し込みはこちら
http://www.keizaikai.co.jp/magazine/subscription.html


●ビジネス経済誌「経済界」について
今年で創刊50周年を迎えるビジネス経済誌「経済界」(隔週火曜日発売)は、1964年の創刊以来、 「人」に 迫り「人」を結ぶことを編集方針に掲げてきました。創刊50周年を迎えてこの方針をさらに強化し、これまで以上に経営者の人物像に鋭く迫る誌面作りを貫い ています。時代のキーマンの本音に迫るインタビューや対談記事、入念な取材に基づく特集やニュースレポートなど、半世紀にわたって日本の経済界を報道して きたオピニオンメディアならではの奥深く読み応えのある記事を提供しています。

●経済界について
経済界は、1964年の創業以来、ビジネス経済誌「経済界」の発行、書籍刊行、経営者コミュニティ「経済界倶楽部」の運営を通じて、国内で最も信頼される経営者向けのブランドとして認知されています。経済界に関するより詳細な情報については、http://www.keizaikai.co.jp/ をご覧ください。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社経済界 編集局 
Tel: 03-3507-8511 / Fax: 03-3507-8515 / E-mail: info@keizaikai.co.jp
コーポレートサイト http://www.keizaikai.co.jp/
* 本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。


プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング