明大・青野君が大阪~東京自転車横断し起業家支援 創業手帳が後援

DreamNews / 2014年11月6日 9時0分

写真

明治大学3年生の青野宏紀君が10月30日~11月4日に、大阪-東京間の東海道を自転車で横断した。大阪商工会議所からスタートし、沿道の各シェアオフィス・ベンチャー企業を訪問し、声援・支援を受けながら東京へ。最終日は中小機構や経済産業省などを訪問し激励を受け、11月4日18時20分にゴールし集まった支援者の祝福を受けた。

明治大学3年生の青野宏紀君が10月30日~11月4日に、大阪-東京間の東海道を自転車で横断した。
10月30日に大阪商工会議所で激励を受け自転車でスタート。京都・大津・名古屋・浜松・静岡などを自転車で回り、最終日の11月4日は朝、小田原を出発、沿道の各シェアオフィス・ベンチャー企業を訪問し、声援・支援を受けながら東京へ。最後は国の創業支援を行っている中小機構や経済産業省などを訪問し激励を受け、11月4日18時20分に銀座のビズシード本社に到着し集まった支援者の祝福を受けた。

青野君は明治大学商学部3年でビズシードでインターンを行っており本企画を会社に提案して採用された。
現在、創業支援が盛り上がっており、その中でも起業の拠点でシェアオフィスが注目されている。ビズシード社では若者のチャレンジの支援、創業者の支援、シェアオフィスの支援、創業手帳のPRに有用と判断し、各チェックポイントへの支援要請や物資配送、資金提供など全面的なバックアップを行った。
今回、青野君のチャレンジは大きな反響がありビズシード社では今後も若者のチャレンジを支援していきます。


【創業手帳について】
日本で創業すると必ず、全ての登記法人に発送される創業ガイドブックです。 冊子のテーマは、資金調達、販路拡大、人材、経営、広報、Web活用、制作など多岐にわたり、各界の著名人のインタビューも多数掲載しています。単なる本ではなく、創業後の起業家がすぐにアクションを起こせる事業を推進するためのツールを目指しています。 さらに役立つ雛形や最新情報などは『創業手帳Web』(http://sogyotecho.jp/) に掲載しています。   

【取材お問い合わせ先】
下記、ご連絡先に、「取材の件」として御連絡下さい。  ビズシード株式会社 広報担当・池庭 インターン・青野
代表電話 03-6415-7032  お問い合わせフォーム https://bizceed.jp/inquiry/ 

【ビズシード株式会社について】
「知で世界を変える会社」日本の創業は毎月9,000社に対し、廃業は10,000社以上あります。 廃業の3割は創業後1年以内の会社です。創業企業への支援で日本の起業の成功率を上げ、 日本の法人数の減少を食い止め、日本経済の活性化に寄与すること。それがビズシード社のミッションです。
会社名 ビズシード株式会社 (URL:http://www.bizceed.jp/
所在地 東京都中央区銀座7-5-4 毛利ビル2F
代表者 代表取締役社長 大久保 幸世
取締役 松江澄人、田中正人、神田真幸
事業内容 出版・メディア・広告・コンサルティング 『創業手帳http://sogyotecho.jp』 『e税理士http://ezeirisi.jp』などを展開
中小機構で激励
沿道のシェアオフィスで応援(写真はパズル芝浦)
10月30日大阪をスタート
11月4日の18時20分に東京・銀座ビスシード本社にゴール

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング