【矢野経済研究所調査結果サマリー】国内アパレル市場に関する調査結果2014 -2013年のアパレル総小売市場は百貨店旗艦店、専門店が牽引、前年比プラス推移-

DreamNews / 2014年11月6日 13時0分

写真

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内アパレル市場の調査を実施いたしました。

1.調査期間:2014年7月~9月
2.調査対象:アパレルメーカー、小売業(百貨店、量販店、専門店、その他)、業界団体等
3.調査方法:当社専門研究員による直接取材、及び郵送アンケート調査、文献調査併用

◆ 2013年のアパレル総小売市場規模は前年比101.4%の9兆2,925億円、
紳士服、婦人服、ベビー・子ども服のいずれも堅調に推移
◆ 百貨店の都心旗艦店、専門店・セレクトショップ、通販が好調
◆ 価格以外の価値を重視した消費行動が顕著に

無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■YRIマーケットNow!
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001322
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒YRIマーケットNow! の内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング