フェリシモの会員ポイントでiPS細胞研究支援へ参加が可能に

DreamNews / 2014年11月6日 16時0分

写真

株式会社フェリシモでは、お客さまがお買い物によって獲得する会員ポイント「フェリシモメリーポイント」で、iPS細胞研究支援ができる社会貢献プログラムを10月22日より開設しましたのでお知らせします。

株式会社フェリシモでは、お客さまがお買い物によって獲得する会員ポイント「フェリシモメリーポイント」で、iPS細胞研究支援ができる社会貢献プログラムを10月22日より開設しましたのでお知らせします。

「国からの支援で研究資金が充分満たされていると思っていましたが、公的資金でカバーできない人件費などの資金を継続的に確保するためにはiPS細胞研究を支援する方々からの寄付金が不可欠であるとお聞きしました。iPS細胞にたずさわる多くの研究者たちが、自由な研究ができるように、みなさまと一緒にメリーポイントで継続的な支援ができたらと思います。」(フェリシモメリープロジェクト担当者) この活動を通して、iPS細胞の理解を広めるとともに、研究者・研究支援者の雇用や知財確保などの支援につなげてまいります。
< iPS細胞研究支援 概要 >
■寄付先: 京都大学iPS細胞研究所

■活用目的:
「皆様からのメリーポイントを通じたご支援によって、優秀な研究者・研究支援者の継続的な雇用を確保し、存分にiPS細胞研究に打ち込めるような環境をつくりたいと考えています。また、革新的な研究などに助成するための研究費、iPS細胞技術の特許を取得、維持するための費用としてもご寄付を活用し、患者さんのために1日も早くこの技術が活かされるように努力いたします。」(京都大学 iPS細胞研究所 iPS細胞研究基金事務局)

■「iPS細胞研究支援」プログラムへの参加方法:
フェリシモメリーポイント 1,500merry(メリー)につき1口分の参加ができます。
詳しくは http://www.felissimo.co.jp/s/pr141106/1/ をご覧ください。

< iPS細胞について >
「iPS細胞」とはからだのいろいろな部分に変化できる多能性を持つ細胞で、「万能細胞」とも呼ばれています。特に社会から注目されているのは、iPS細胞からつくった細胞や組織を移植する再生医療です。また、患者さんの細胞から作ったiPS細胞を活用して病気のしくみを解明することによって、筋ジストロフィーやALS(筋萎縮性側索硬化症)といった難病の新たな治療薬の開発につなげる研究が進められています。将来的には、それぞれの患者さんに合わせた「個別化医療」につながる可能性もあります。iPS細胞は決して遠い存在ではなく、私たちの身近にある「医療」の未来を担う重要な技術です。

< フェリシモメリーポイントについて >
お客さまがお買い物などで獲得するフェリシモの会員ポイント。雑貨や食品などのプレゼントと交換するだけでなく、「盲導犬育成支援」や「紛争地域のこどもたちへの医療活動支援」、「国内の難病のこどもの夢をかなえる活動支援」など「メリーで社会貢献」プログラムを2002年に発足しました。本社会貢献プログラムに寄せられたポイント相当額を、各支援団体に寄付し、これまでに累計で1億7,033万円が集まりました。(2014年9月現在)
詳しくはこちらをご覧ください。 http://www.felissimo.co.jp/s/pr141106/2/

◆本件に関するお問い合わせ先
株式会社フェリシモ 本社広報グループ
(吉川・中島・市川)
TEL.078-325-5700  FAX.078-325-5725
e-mail: press@felissimo.co.jp

― 会社概要 ―
社名 : 株式会社フェリシモ
本社所在地 : 〒650-0035 神戸市中央区浪花町59番地
代表者 : 代表取締役社長 矢崎和彦
創立 : 1965年5月
事業内容 : 自社開発商品を独自媒体(『Kraso』『IEDIT』など
にて全国の生活者に販売するダイレクトマーケティング事業


プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング