ユーブロックス社の世界最小スタンドアローン測位用モジュール 「EVA-M8M」が手頃な価格帯でマルチGNSS性能を提供。

DreamNews / 2014年11月7日 11時0分

写真

u-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社) は本日、新製品、スタンドアローン測位用モジュールEVA-M8Mを発表。好評のEVAフットプリントにマルチGNSS性能を実現し、世界最小の商用GNSSモジュール。






スイスのu-blox AG(日本法人:ユーブロックスジャパン株式会社、東京港区、代表 仲 哲周) は本日、新製品、スタンドアローン測位用モジュールEVA-M8Mを発表しました。好評のEVAフットプリントにマルチGNSS性能を実現したもので、世界最小の商用GNSSモジュールになります。




コストとスペース条件に厳しいアプリケーション用に設計された高集積7 x 7 x 1.1 mm LGAモジュールは、クリスタルと受動素子を含むすべての必須コンポーネントで構成されています。EVA-M8Mに必要とされるのは外付けアンテナのみで、ホストの介在なしに正確な位置情報が提供されます。コンポーネントは、すべての動作温度範囲で信頼性の高い性能が得られる製品を選択しています。好評のEVA-7M GPSモジュールと互換性があり、システム・コスト、開発期間、さらにメンテナンス費用を最小に抑えることができます。

本製品は、米国のGPS、ロシアのGLONASS、中国のBeiDou、日本のQZSSに加え、SBAS補強システムをサポートしています。実証済みのユーブロックス社M8性能を基本に設計され、164 dBmのトラッキング感度、高速捕捉時間、低消費電力を特徴としています。また、EVA-M8Mは2機のGNSSシステムを同時に追尾でき、GNSS位置情報を最大18 Hzで(毎秒18回)出力します。

「EVA-M8Mは小型スタンドアローンのグローバル測位性能で新しい業界ベンチマークを樹立しました。このモジュールは、最小eBOM(電子部品表)コストと製造の簡素化を主眼に設計されました。コスト重視の産業機器やウェアラブル・デバイスに最適なソリューションです」と、ユーブロックス社プロダクト・ストラテジー部門副社長Thomas Niggは述べています。

UART、USB、SPIおよびI2Cインターフェイスの装備により、ホスト・プロセッサへの柔軟性の高い接続を提供します。EVA-M8Mは、ユーブロックス社のSARA 2G、LISA 3GおよびTOBY 4Gセルラー・モジュールと直接通信できるので、高度のトラッキング製品や位置認識製品のサポートが可能です。

EVA-M8Mの詳細は、ユーブロックス社Webサイトをご覧ください。サンプルは現在出荷中です。サンプルと評価キットEVK-M8EVAについては、最寄りの弊社販売代理店にお問い合わせください。C88-M8Mアダプター・ボードを使用して既存NEO-xMデザインでEVA-M8Mを簡単に評価することができます。

EVA-M8Mの高解像度画像は、こちらから入手できます。


ユーブロックスについて
ユーブロックス(SIX:UBXN)はスイスを本拠にし、民生、産業および自動車市場向けに測位用半導体とワイヤレス通信用半導体を提供するリーダーです。同社のソリューションにより、 人、自動車や機械等がそれぞれの位置を正確に決定し、さらに音声、テキスト、ビデオでワイヤレス通信を行うことができます。ユーブロックスはチップ、モジュール、ソフトウェアの各ソリューションを多種用意して独自の地位を占め、OEMメーカーの皆様が革新的なソリューションを迅速かつ廉価に開発するお手伝いをしています。ユーブロックスはスイスのタルウィル(スイス)に本社を置き、世界の各地特に欧州、アジア、米国に多くのオフィスを構えています。 
 詳細についてはhttp://www.u-blox.com/ja/ をご覧ください。

<プレス・リリースと製品のお問い合わせ先>

ユーロブロック スジャパン株式会社
〒107-0052東京都港区赤坂4-8-6赤坂余湖ビル6階
カントリー・マネージャー
仲 哲周
電話:03-5775-3850
e-mail: tesshu.naka@u-blox.com

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング