ドリームベッド社製スペシャルシートが国技館に登場しメディアで話題に

DreamNews / 2014年11月10日 12時0分

写真

ドリームベッド株式会社(本社:広島市西区己斐本町3-12-39 代表取締役社長:渡辺博之)では、東京・両国国技館に新規に設営されたVIP マス席のためにスペシャルシートを製作。2014 年九月場所から設置し、2015年一月場所でも登場します。一月場所のVIPマス席の予約受付は、11月17日からスタートします。

ドリームベッド株式会社(本社:広島市西区己斐本町3-12-39 代表取締役社長:渡辺博之)では、東京・両国国技館に新規に設営されたVIP マス席のためにスペシャルシート、『AKAFUSA-ZA(あかふさ・ざ)』を製作。2014 年九月場所から設置され、多くのメディアの関心を集めています。NHK『おはよう日本』をはじめTBS、テレビ朝日、日本テレビのニュース等のほか、多くの新聞や雑誌に取り上げられました。また11月7日には、NHK・BS『美の壷』でこのスペシャルシートが新しい座布団の形……として特集されました。
骨盤をソフトにホールドする、これまでにない座り心地、斬新なデザインは、日本を代表する椅子デザイナー、寺原芳彦氏の作品。年3回、国技館で行われる大相撲東京場所に常設されることになっています。http://dreambed.jp/
=============================

【寺原芳彦氏プロフィール】
寺原芳彦氏 BY・STEP デザイン研究室主宰。 武蔵野美術大学名誉教授。インテリアプロダクトデザイン、狭小空間HUT のデザインと研究など、日本を代表する椅子デザイナーであり研究者。毎日ID 賞、日本インテリアデザイナー協会賞など受賞暦多数。

=============================

■ 特注シートが誕生するまで
特別シート『AKAFUSA-ZA(あかふさ・ざ)』のネーミングは、土俵の屋根から下がる4本の房の1本、赤房にちなんでつけられました。2013年に、和室で使用可能な椅子としてドリームベッドで製作され、1点は韓国のデザインミュージアムに所蔵、1点は貴乃花親方に贈呈されました。
貴乃花親方は2014年大阪場所宿舎にこのシートを持参し1か月間、毎日使用。その座り心地の良さに感銘を受け、今回の国技館特別シートの発想に繋がりました。
あぐらをかいても足を伸ばしても横座りをしてもよく、数時間観戦しても足や腰に負担がかからない造りになっており、貴乃花親方は「多くの人にこの座り心地を味わってほしい」と語っています。
『SUMOE CLUB』http://www.sumoe.club/
=============================


■ 本件に関するお問い合せ先: ドリームベッド株式会社 吉本(よしもと) TEL: 082-271-4201

=============================

【写真左】
国技館で、スペシャルシートの配置を検討する貴乃花親方と寺原芳彦氏。
【写真右】
大相撲VIPマス席『SUMOE CLUB』に設置された特別シート『AKAFUSA-ZA(あかふさ・ざ)』。 2014年九月場所から、両国国技館に設置。貴乃花親方が発案し、実現することになった相撲協会初めての試みは、多くのメディアで話題となった。



プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング