独立行政法人情報通信研究機構(NICT)にイーサネット専用線100Gbpsを納入

DreamNews / 2014年11月11日 15時30分

アルテリア・ネットワークス株式会社のイーサネット専用線サービス「ダイナイーサ」100Gbpsが、独立行政法人情報通信研究機構の新世代通信網テストベッド「JGN-X」の東京~大阪間、名古屋~大阪間、大阪~北陸間の3区間に導入されました。大学、研究機関、行政機関、地方自治体、企業等に広く開放された研究開発用ネットワークで、イーサネット専用線100Gbpsの導入は「JGN-X」が国内初です。

アルテリア・ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大澤 智憲)は、独立行政法人情報通信研究機構(理事長:坂内 正夫、以下:NICT)が運営する新世代通信網テストベッド「JGN-X」に、イーサネット専用線サービス「ダイナイーサ」の100Gbpsを納入しました。

「JGN-X」は、最先端の超高速ネットワーク技術や高度アプリケーション技術等、情報通信技術の水準向上に寄与することを目的に運営されている研究開発用テストベッドです。このたび、イーサネット専用線サービス「ダイナイーサ」の100Gbpsが、NICTの回線検査に合格し、先端技術の研究開発に耐えうるネットワークとして、東京~大阪間、名古屋~大阪間、大阪~北陸間の3区間に導入されました。

現在、「JGN-X」を利用する研究機関および研究者は、196機関・771人(※1)にのぼります。大学、研究機関、行政機関、地方自治体、企業等に広く開放された研究開発用ネットワークにおいて、イーサネット専用線の100Gbpsを導入したのは、「JGN-X」が国内初(※2)です。「JGN-X」は、“広域SDN(※3)”、“4K/8Kの非圧縮映像伝送”、“広域災害対応型クラウドの研究”など先端的プロジェクトにおいて、基幹回線の100Gbps化により、研究機関や研究者の複数同時利用に応えることができるようになり、日本のネットワーク研究開発の更なる促進が期待されます。

弊社は、NICTに納入した経験と運用技術を生かし、お客様のイーサネット専用線100Gbpsに対する確実な構築と安定運用のニーズに応えてまいります。
【アルテリア・ネットワークス株式会社について】
アルテリア・ネットワークス株式会社は、UCOM と丸紅アクセスソリューションズが合併し、新たに発足した認定電気通信事業者です。光ファイバーによる大容量のバックボーンとアクセスラインを保有し、法人向けには専用線・VPN・インターネット接続・モバイル・データセンター等、個人向けには、マンション全戸一括加入方式を中心に、インターネット接続をはじめ、IP電話、エネルギー関連サービス等を展開しております。

<会社概要>
・商号: アルテリア・ネットワークス株式会社
・住所: 東京都港区芝浦四丁目2-8 住友不動産三田ツインビル東館
・代表取締役社長 大澤 智憲
・URL: http://arteria-net.com


【報道関係各位のお問合せ】
アルテリア・ネットワークス株式会社
第一管理本部 広報宣伝部 元木、矢島
E-mail: pr@arteria-net.com
TEL: 03-6823-0555

【サービスに関するお問合せ】
アルテリア・ネットワークス株式会社
法人第一営業本部
E-mail: service@arteria-net.com
TEL: 03-4485-3801

※1 2011年4月からの合計数(独立行政法人情報通信研究機構調べ)
※2 2014年10月1日時点(弊社調べ)
※3 Software-Defined Networkの略。ソフトウェアにより機能や構成を定義・制御することが可能なネットワークのこと。
● その他の会社名、商品名や製品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
(注)ニュースリリースに記載されている内容は、発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング