国際会議 「8th Annual Lean, Six Sigma, Kaizen, and QbD Life Science Summit」(ExL Pharma主催)の参加お申込み受付開始

DreamNews / 2014年11月11日 14時0分

写真

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、2015年3月9日~11日 米国、フィラデルフィアにて開催ExL Pharma主催国際会議「8th Annual Lean, Six Sigma, Kaizen, and QbD Life Science Summit」の代理店として参加のお申込み受付を11月11日より開始致しました。

第8回Lean, Six Sigma, Kaizen and QbD Life Science Summitは、製薬会社、医療機器メーカー、バイオテクノロジー企業などの業務プロセスを改善する新たな手法の探求を目的としたイベントであり、さまざまなケーススタディを聞きながら、リーンやシックスシグマ、改善、クオリティバイデザイン(QbD)の手法を用いてプロセスを改善していくための方策を見出すことができる貴重な機会となります。

今回の会議では、臨床開発と研究開発という2つの分科会を設けて、リーン、シックスシグマ、改善、QbDに関連するテーマを深く掘り下げていく予定です。

参加をお勧めする5つの主な理由

1.臨床開発や研究開発の現場でリーン、シックスシグマ、改善、QbDなどの手法を導入し、維持する取り組みのベストプラクティスを学ぶことができます。
2.組織内の文化を変革する作業に着手し、リーン、シックスシグマ、改善、QbDなどの手法を、臨床開発や研究開発に携わっている専門スタッフにとってより身近で、満足の得られるものにしていくための方策を学ぶことができます。
3.外部のベンダーや国際的な専門家たちと有益な関係を構築することで、業務効率を高めていくための手がかりを得ることができます。
4.各種の評価基準や分析手法を使って、リーンやシックスシグマ、改善、QbDの手法を用いた取り組みの成果や進捗状況を評価する方法を学ぶことができます。
5.技術革新の成果と価値を守りながら、リソースを活用し、プロジェクトの所要時間を短縮し、無駄を排除をして、問題を解決していくための重要な手法を発展させることができます。

株式会社グローバル インフォメーションでは、皆様の利便性を図る為に、日本語、英語、韓国語、中国語で「8th Annual Lean, Six Sigma, Kaizen, and QbD Life Science Summit-第8回リーン、シックスシグマ、改善、QbDライフサイエンスサミット」の情報を提供するとともに、会議の参加のお申し込みを承っております。

会議:「8th Annual Lean, Six Sigma, Kaizen, and QbD Life Science Summit-第8回リーン、シックスシグマ、改善、QbDライフサイエンスサミット」
開催日:2015年3月9日~11日
開催地:米国、フィラデルフィア:Hyatt at The Bellevue - Philadelphia, PA
日本語公式サイト: http://www.giievent.jp/exl309654/

≪本件に関するお問合せ先≫
ExL Pharma代理店
株式会社グローバル インフォメーション
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3
アーシスビル 7階
電話: 044-952-0102
FAX: 044-952-0109
E-mail: conference@gii.co.jp

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング