「ホスペックスジャパン2014」の開催に際し、日本医療機器事業へ拡大としてCSAグループは日本法人を設立。

DreamNews / 2014年11月13日 14時30分

ホスペックスジャパン2014は日本の最大級医療機器展示会であり、今年の11月12日から14日まで開催する。「ホスペックスジャパン2014」の開催に際し、日本医療機器事業へ拡大としてCSAグループは日本法人を設立。

国際試験・認証サービス及び規格制定機関であるCSAグループは、日本の医療機器への拡大として、イノベーションのハブとなる東京、西新宿地区(新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー20F)に日本法人を設立した。CSAグループジャパン株式会社は試験・認証に関する豊富な経験を用いて国際市場での参入のサポートを提供するほか、医療機器、産業機器、民生機器を含む広い範囲で安全に関する国際的な規格審査を行う。

「日本の医療機器市場の規模はアメリカに次いで世界第2位であり、日本は世界の十指に入る医療機器輸出大国である。2012年に日本国内の医療機器の製造総額は厚生労働省の試算によれば、1兆8,952億円(237億USドル)に達し、円、ドルどちらの通貨換算において最高総額を更新した。」

「その中で顧客が使用したい製品は安全的かつ国際認証標準に適合する製品であり、新しい日本法人の設立によって、わが社の技術者が日本のクライアントのために、全ての製造若しくは販売地域をカバー出来うる上質な教育、試験及び認証ソルーションを提供していきたい。CSAグループは医療機器市場の試験及び認証ソリューションにおける国際敵なリーディング企業の一つであり、我々のノウハウを更に引き上げる事により、顧客と社会の安全性向上に寄与してゆきたい。」-CSAグループアジア副社長クラウディア チャン(Claudia Chan)

CSAは、医療業界関係者とともに、顧客の業務需要を満たすために、医療機器の試験・認証、試験、及びシステムに関し様々なソルーションズを開発している。CSA認証を取得した製品は北米とヨーロッパにおいて、最も厳格な品質要件に満足していることで周知されている。

CSAグループにおいてのグロバールビジネスの一端である日本法人は、CSAグループのグローバルラボと連携し、ワールドクラスの施設と顧客を国際市場へ導くためにワンストップ式ソリューションを提供していく。

現在の台湾、インド、韓国と中国本土の事業および試験場とともに、CSAグループは次なるアジア市場拡大へ始動する。

CSAグループについて
CSAグループとは、安全性、社会福祉と持続可能性に取り込む独立で非営利団体である。業務領域は標準開発、トレーニング、配管、建設、医療、安全技術、家電製品、ガス、代替エネルギー、照明、消費者製品評価などを網羅している。CSA認証マークは全世界の10億以上の製品にみられる。CSAグループに関する更に詳しい情報はwww.csagroup.orgまで。

CSAグループジャパン連絡先:
CSAグループジャパン株式会社
〒163-1320 東京都新宿区西新宿6-5-1 
新宿アイランドタワー20F
江川貴樹
代表: (03)-4589-0064
csajapaninfo@csagroup.org

CSAグループ 上海オフィス連絡先:
CSAグループ 上海オフィス
ピノ・チェン
pino.chen@csagroup.org

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング