【矢野経済研究所調査結果サマリー】CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査結果 2014 -円安・公共投資増から機械系CADと土木・建築系CADが活況-

DreamNews / 2014年11月19日 13時0分

写真

矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のCAD/CAM/CAEシステム市場の調査を実施いたしました。

1.調査期間: 2014年5月~10月
2.調査対象: 機械系CAD/CAM/CAEメーカー、EDA(Electronic Design Automation)メーカー、土木・建築系CADメーカー
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談及び電話・メールによるヒアリング

◆ 2014年度の国内CAD/CAM/CAEシステム市場規模は3,272億円の見込み、円安により輸出型製造業がけん引
◆ VDIがCADの次世代プラットフォームになる可能性が生まれる


無断転載禁止

詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■YRIマーケットNow!
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001327
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ
⇒YRIマーケットNow! の内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング