【矢野経済研究所マーケットレポート】「2014年版 ビデオ喉頭鏡の市場動向調査 特別企画レポート」を発刊いたしました

DreamNews / 2014年11月26日 12時0分

矢野経済研究所では、下記の要領にて「2014年版 ビデオ喉頭鏡の市場動向調査 特別企画レポート」を発刊いたしました。

ビデオ喉頭鏡市場はここ数年で市場形成された。各社から特徴ある製品が登場し、市場は拡大傾向にある。また、通常の喉頭鏡と大きく変わらない安価な製品も増加傾向にあり、通常の喉頭鏡からビデオ喉頭鏡へ市場が置き換わることが示唆される。一方海外では様々な製品が展開されており、無線化等の新たな機能の搭載や使いやすさの向上等により、ビデオ喉頭鏡市場は今後さらに拡大することが予測される。このような状況を踏まえ、本調査レポートではビデオ喉頭鏡市場の今後の見通し、将来展望を焦点に、市場動向、参入企業シェア・動向などについて実例を交えて総合的に調査・分析した。

発刊日: 2014/11/10
体裁: A4 / 31頁
PDFレギュラー(事業所内利用限定版) 定価 75,600円 (本体 70,000円 消費税 5,600円)
PDFコーポレート(法人内共同利用版) 定価 151,200円 (本体 140,000円 消費税 11,200円)

■本資料のポイント
●気管挿管市場概況
●ビデオ喉頭鏡の市場動向
●市場規模推移予測(2010年度~2018年度)
●インストールベース台数シェア(2014年5月現在)
●金額ベースシェア(2013年度、2014年度(予))
●注目製品分析
●有力企業分析

⇒詳細内容・お申し込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/C56121420
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング