マーケティングリサーチ会社の(株)総合企画センター大阪、メンズコスメ市場について調査結果を発表

DreamNews / 2014年11月25日 18時0分

写真

2013年度のメンズコスメ市場は、前年度比3.6%増の1,616億円となった。市場拡大の要因としては、新企業の参入や既存企業の新ブランドの投入に伴う市場の活性化が挙げられる。特にエイジングケアやにおいケア、スカルプケアを訴求したブランドが順調に推移している。当資料では、メンズコスメ市場について徹底分析。主要各社の発売経緯、ブランドコンセプト、販売高、販売方法などを分析している。

概要
◆2013年度のメンズコスメ市場は、2012年度比3.6%増の1,616億円。3年前の2010年度と比較すると7.3%増となっており、市場規模は拡大基調を維持している。要因としては、新企業の参入や既存企業の新ブランドの投入に伴う市場の活性化が挙げられ、特にエイジングケアやにおいケア、スカルプケアを訴求したブランドが順調に推移している。

◆フェイスケア市場は2012年度比2.4%増で推移。特にエイジングケアについて、『乾燥による小じわを目立たなくする』機能を追加した大塚製薬の「ウル・オス」のほか、エスティローダーの「アラミス」などが販売高を順調に伸ばしている。2014年度は、エイジングケアに加えて、美白について小林製薬が男性用シミ対策ブランドとして「メンズケシミン」を導入し好調に推移していることなどから、フェイスケア市場は一層拡大する見通しとなっている。

◆ヘアケア市場は2012年度比3.0%増で推移。特に「ウル・オス」(大塚製薬)や「ルシード」(マンダム)、「h&s for men」(P&G)など、頭皮環境を清潔に保つことを謳ったスカルプケアが伸長している。2014年度については、ユニリーバ・ジャパンが髪の強さと美しさに着目した「クリアフォーメン」を導入し販売高が順調に推移していることなどから、引き続きスカルプケア市場がヘアケア市場をけん引する見通しである。

◆ボディケア市場は2012年度比8.5%増で推移。ロート製薬が中高年層をターゲットにニオイの徹底ケアを謳った「デ・オウ」を導入し、好調なスタートを切っていることなどから、市場は大きく拡大している。2014年度については、「ルシード」(マンダム)が『ミドル脂臭』のケアを謳った商品を発売し、好調な立ち上がりをみせていることなどから、ボディケア市場の拡大に寄与する見通し。

◆当資料では、今後も伸長が見込まれるメンズコスメ市場について徹底分析。主要各社の発売経緯、ブランドコンセプト、販売高、販売方法などを分析している。また、機能別の販売高を算出することで、同市場の動向とトレンドを明らかにしている。

TPC市場調査レポート
「2015年 メンズコスメの市場分析調査」
―エイジング・におい・スカルプケアが市場をけん引―
詳細はこちら>>http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr210150200
資料体裁:A4判149頁
発 刊 日:2014年11月25日
頒   価:87,000円(税抜)

【会社概要】
■会社名   株式会社総合企画センター大阪
■所在地   大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
■TEL     06-6538-5358
■FAX     06-6538-6531
■プライバシーマーク認定番号 第20001810 (01)号
■URL    http://tpc-cop.co.jp/
■公式Facebook http://www.facebook.com/bibliotheque.tpc
■公式 ブログ http://tpc-cop.co.jp/blog/
■事業内容  マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版


【本件に関するお問い合わせ】
(株)総合企画センター大阪 webマーケティンググループ
https://secure.future-s.com/~bibliotheque/contact/
フリーダイヤル:0120-30-6531

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング