インフォア、食品飲料業界向けクラウドアプリケーションを提供開始

DreamNews / 2014年11月27日 11時30分

写真

ビジネス・アプリケーションを提供するインフォアは、食品飲料業界に特化したアプリケーションをクラウド環境で利用できるInfor CloudSuite Food & Beverage の提供開始を発表しました。ホスティング方式の柔軟性を活かし、サブスクリプション型の提供モデルで企業のIT先行投資を節減します。Infor CloudSuiteは、業界特化型の有力な機能を備え、AWSで運用されます。

    インフォア、食品飲料業界向けクラウドアプリケーションを提供開始 

     ~ 食品飲料業界に特化した機能でTCOを
               低減するInfor CloudSuite(TM) Food & Beverage ~

 73,000社以上の顧客にビジネス・アプリケーションを提供する先進的なプロバイダーであるインフォアは、食品飲料業界に特化したアプリケーションをクラウド環境で利用できるInfor CloudSuite Food & Beverage を提供することを発表しました。Infor CloudSuite Food & Beverage は、アプリケーション
ホスティング方式の柔軟性を活かし、サブスクリプション型の提供モデルで企業のIT先行投資を節減します。Infor CloudSuiteは、インフォアの特徴的な美しいソフトウェアエクスペリエンスと業界特化型の有力な機能を備え、アマゾン ウェブ サービス (以下、AWS)で運用されます。

 Infor CloudSuite Food & Beverage は、プロセス製造業に特化したソリューションとして設計され、品質保持期限の短期化や材料の変動といった同業界に共通の課題を解決できるツールを提供することで、企業の利鞘を改善します。本ソリューションは、インフォアのオンプレミス型の最先端ソリューションと同じ実績の高い機能を、短期間で導入できるだけでなく、保守も簡単で、拡張性の高いクラウド環境で利用できます。また、高い機能性、柔軟性、信頼性をクラウド環境で利用することで、企業のIT資本投資を大幅に節減し、スピードの速い業界におけるビジネス全体のアジリティを改善します。

 最近のガートナー社のレポート(注1)によると、「最終的にクラウドサービスは、製造業の業務改善を実現し、その効果をさらに高めて持続できる点、マルチサイト・マルチティアを可視化できる点、従来型のオンプレミス実装よりも効果的に拡張可能な点、そして柔軟かつ迅速な対応力のある生産ネットワークの構築に貢献できるといった点で役立ちます。」と報告されています。

 Infor CloudSuite Food & Beverageは、時間/分単位までドリルダウンできる予測・需要管理などの業界特化型機能や、製品計画、スケジューリング、トラッキング、トレーサビリティ、製品レシピ管理、品質コンプライアンスといった全ての主要な業務機能を備えています。また、クラウド実装することで、
予め用意されたグローバルなオペレーション対応やセキュリティ機能を利用できるだけでなく、業界のベストプラクティスとなるプロトコルへの準拠を保証します。

 さらにInfor CloudSuiteは、スイート全体で統一された特徴的なユーザーインターフェイスを使って、重要なデータやメトリックスにエンドユーザーがアクセスできる業界特化型アナリティクス機能も提供します。本スイートは、目的特化型ミドルウェアである Infor ION(R) と、社内および社外(顧客とその
サプライヤを含む)コミュニケーションを促進するソーシャルコラボレーションエンジンである Infor Ming.leTMを使って設計されています。ユーザー企業は、サブスクリプションモデルでROIを早期に回収し、拡張性が高いことを実感できます。Infor CloudSuite Food & Beverage は、サーバーやハードウェアの購入が不要で、IT部門管理者を増員する必要もないため、導入に伴う先行投資を大幅に節減することができます。

 米国インフォア、プロセス製造業事業部、業界・ソリューション戦略担当ディレクターのマイク・エジェット(Mike Edgett)は、次のように述べています。「プロセス製造企業は、コスト削減と業務効率化のための最先端のソリューションを常に模索しています。Infor CloudSuite Food & Beverageは、応答性を高める上で有効なリソースを提供し、お客様が常にインフォアから最先端のテクノロジーの恩恵を受けられることを保証します。インフォアは、お客様が最も柔軟なソリューションを利用し、テクノロジーへの信頼に裏切られることなく、直近のコスト削減と将来的な業務関連コストの節約を実現できるように尽力します。」

(注1)
2014年、7月15日、Janet Suleski | Marc Halpern | Simon F Jacobson著、ガートナー社:2014年のプロセス製造と製品ライフサイクル管理のハイプサイクル(Gartner, Hype Cycle for Process Manufacturing and PLM, 2014, Simon F Jacobson, July 15, 2014)

< 当リリースは2014年10月15日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています >
< http://www.infor.com/company/news/pressroom/pressreleases/CloudSuiteFB/ >

■インフォアジャパンのソーシャルメディア:
  ・インフォアジャパンのツイッター< http://twitter.com/#!/Infor_Japan >
  ・インフォアジャパンのFacebook < http://www.facebook.com/infor.japan >
  ・インフォアジャパンのYouTube < http://www.youtube.com/inforjapan/ >

■インフォア、インフォアジャパンについて
 インフォアは、200カ所以上の国と地域で73,000社以上のお客様に、エンタープライズ アプリケーションとサービスを提供し、企業成長と変化するビジネスニーズへの迅速な対応力強化を支援する、世界第3位のプロバイダーです。インフォアは、画期的なテクノロジーを使って、ビジネススピードを強化するように設計された専門性の高い業種特化型アプリケーションを提供しています。インフォアのソリューションは、リッチなユーザーエクスペリエンスで、クラウドやオンプレミス、あるいはその両方でも利用できる柔軟な導入オプションを提供しています。
 インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズ・ソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。
 詳しくは < www.infor.jp >をご覧ください。

 以下はインフォアの代表的なお客様の例です:
   ・航空宇宙産業上位20社のうち19社
   ・大手ハイテク企業10社のうち10社
   ・製薬会社上位10社のうち10社
   ・米国医療提供ネットワーク上位25機関のうち22機関
   ・米国最大都市20のうち16都市
   ・自動車部品サプライヤ上位20社のうち20社
   ・産業流通企業上位20社のうち17社
   ・世界的小売企業上位20社のうち16社
   ・醸造企業上位5社のうち4社
   ・世界的銀行上位30行のうち21行
   ・世界的高級ブランド企業上位10社のうち6社

*******************************************************************

          <本件のお問い合わせ先>

■報道機関のお問い合わせ先
インフォアジャパン株式会社 広報担当:藤野、福嶋、古関
TEL:03-4520-0700  E-mail:Infor.JapanInfo@infor.com

■インフォアジャパン株式会社 PRデスク(株式会社アクティオ内)
担当者: 垣本、東、福澤
TEL:03-5771-6426E-mail:Inforjapan-pr@actioinc.jp

*News Release を電子メールで配信希望の方は、電子メールにて
Inforjapan-pr@actioinc.jpにリクエストしてください。
*同様に電子メールの配信を受けている方で、アドレスの変更および配信の
中止の方は電子メールにて Inforjapan-pr@actioinc.jp にリクエストして
ください。
*******************************************************************

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング