「訪日外国人・個人旅行者による移動調査ベスト10」 ~公共交通機関の検索ログから国別の傾向がわかる!~

DreamNews / 2014年11月28日 17時0分

日本最大のインバウンド(訪日外国人観光)業界向けB to Bポータルサイト「やまとごころ.jp」を運営する株式会社やまとごころ (代表取締役:村山 慶輔、本社:東京都新宿区) と、株式会社ナビタイムジャパン (代表取締役社長:大西 啓介、本社:東京都港区) は、公共交通機関の検索ログから国別の傾向を分析した「訪日外国人・個人旅行者による移動調査ベスト10」を発表しました。

ナビタイムジャパンが、訪日外国人向けに提供するナビゲーションアプリに蓄積されたデータを基に、訪日外国人はどのような移動パターンが多いのか、5つの国と地域別に分けてランキングにしました。2014年3~5月と9~11月19日の2つの時期に分け、どのような変化があったかも検証。調査対象は、台湾、香港、アメリカ、タイの4カ国です。
早くも10月には訪日外客数が、1,100万人を突破して、「個人旅行者」の比率が高まるなかで、行動パターンの参考になることでしょう。

<ランキング概要>
このアプリは、「NAVITIME for Japan Travel」といい、昨年の10月にスタートしたサービスで、対応OSは、iOS、AndroidOSとなっています。

フリーワード、もしくは路線図から検索された全国の駅名からランキング。
・検索された駅名なので、必ずしもそこに訪れたかどうかは不明。
・エリアの判断方法は「アプリを使用した際に取得したGPS」によっておこなっています。
・ランキングは、10位までですが、30位までのデータに基づいたコメントを加えています。

サンプル数:
2014年 4カ国(台湾・香港・タイ・アメリカ)の合計人数
3~5月:16,544人
9~11月:13,570人


1:台湾からの訪日利用状況について
<目的地検索ランキング>
春と秋、大阪がいずれも1位というのは、台湾と香港だ。関空へのLCCの就航が要因だろう。
札幌も安定的に上位にあり、リピート率が高く四季ごとの北海道を楽しもうというフェーズと推察される。
新宿がいずれの時期にもベスト10に顔を出していて、ホテルが多いので、ここを拠点にする傾向だろう。
日本橋、茅場町が登場した理由に、ドラマの影響がある。阿部寛が主演の「新参者」が台湾でも人気継続中。


<出発駅と目的駅の検索結果ランキング>
春は、10位以下でも横浜方面に関連した検索が多い。関内、桜木町、新横浜、横浜など。しかし後半ではぱったりとランク外となったのは、春に横浜方面で開催された国際会議などイベントの影響も考えられる。



2:香港からの訪日利用状況について
<目的地検索ランキング>
香港マーケットでは、やはり関西圏の動きが活発だ。大阪、京都、難波、梅田などターミナル駅の検索が多い。
秋の検索では、東京テレポートがランキングに入る。香港人がショッピング目的にお台場の商業施設に訪れた。免税枠拡大の影響が現れた。
地方の検索も多く、九州、北海道、さらに青森が13位に食い込んだ。リピーターにとっては、日本の新しいデスティネーションを求めている。都心の大きな駅で、新宿に比べて、渋谷はランキングに差を開けられた。


<出発駅から目的駅の検索結果ランキング>
香港マーケットはリピート率が高いので、やはり検索の傾向も幅広い。目的地も、嵯峨嵐山、阿蘇、伏見稲荷、ユニバーサルシティー、八戸、築地市場など、バラエティーに富んでいる。
関西での利用も多く、関空経由での旅行の割合も高そうだ。

その他、タイ、アメリカの動向につきましては、やまとごころ.jp内でご覧いただけます。
http://www.yamatogokoro.jp/research/2014/11/10.html



【本件の問い合わせ】
▼株式会社やまとごころ (http://www.yamatogokoro.jp/
E-mail:support@yamatogokoro.jp
TEL:03-5312-8314 
▼ 株式会社ナビタイムジャパン (http://www.navitime.co.jp/
E-mail:inbound-business@navitime.co.jp
TEL:03-3402-0940 (祝日を除く平日10:00~18:00の間)
担当:インバウンド事業部 三井、内田

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング