SRA OSS、PostgreSQLの多機能ミドルウェア「 pgpool-II 」のサポートサービスを開始しました

DreamNews / 2014年12月3日 15時0分

2014 年 12 月 3 日(東京)発 - SRA OSS, Inc. 日本支社(日本支社:東京都豊島区、取締役支社長:石井 達夫、以下SRA OSS)は、オープンソースデータベースPostgreSQLの多機能ミドルウェアである pgpool-II のサポートサービスを開始しました。

pgpool-II は、PostgreSQL系データベースとともに利用する多機能ミドルウェアです。
PostgreSQL のサードパーティーソフトウェアの1つで、PgPool Global Development Group というコミュニティによって開発、BSDライセンスのオープンソースソフトウェア(OSS)として公開されています。コネクションプーリング、レプリケー ション、負荷分散、接続数のコントロールなどの機能を有し、PostgreSQL系データベースと組み合わせて利用することで、スケールアウト構成や高負 荷のシステムへの対応が可能です。日本国内外を含めて、多数のシステムで、導入実績があります。

pgpool-IIサポートサービスは、この pgpool-II に特化したサポートサービスです。
これまでに、「PostgreSQL/PowerGresサポート&保守サービス」というサービスで、PostgreSQLサポートのオプションとしてサ ポートを行ってきましたが、PostgreSQL の他、SRA OSS の PowerGres や EnterpriseDB社の Postgres Plus と組み合わせて利用するケースが増えてきたため、データベースは別途サポート契約があるお客様向けに、pgpool-II部分のみのサポートを提供いたし ます。「pgpool-IIサポートサービス」は、ビジネスタイム契約の他、プレミアム(24×365)契約があり、ミッションクリティカルなシステムで の利用も安心です。また、pgpool-II 開発者を抱える SRA OSS ならではの、パッチ提供サービスを標準サービスとしています。
【 pgpool-IIサポートサービス 】

https://www.sraoss.co.jp/prod_serv/support/pgpool.php

【 pgpool-IIについて 】

PostgreSQL系データベースを連携して利用できる多機能ミドルウェアで、PgPool Global Development Group によって開発されている。 コミュニティリーダーは、SRA OSS 取締役支社長の石井達夫がつとめ、SRA OSS 社員が積極的に開発を行っている。 コネクションプーリング、レプリケーション、負荷分散、接続数のコントロール機能などを有す。 近年では、PostgreSQLにレプリケーション機能が標準搭載されたため、コネクションプーリングと、負荷分散の機能と組み合わせたスケールアウト構成が増えてきている。 日本発のOSSで、日本国内外で利用されている。

【 SRA OSSについて 】

SRA OSS は、OSS (オープンソースソフトウェア) の普及と発展を目指し、 国内独立系 SI ベンダーである株式会社 SRA の 100% 子会社として設立されました。 本社は米国カリフォルニア州におき、ワールドワイドな OSS ベンダーを目指しています。 日本においてはとくに PostgreSQL を中心とした OSS のサポート、 プロダクト販売、コンサルティング、トレーニング事業を中心に展開しています。

【 本件に関する報道お問い合わせ先 】

SRA OSS, Inc. 日本支社
マーケティング部 稲葉
Tel: 03-5979-2701
E-mail: pub@sraoss.co.jp
URL:http://www.sraoss.co.jp/
※ 本プレスリリースに記載のある会社名、製品名は、各社の登録商標または商標で、それぞれの所有者が商標権を保持しています。

プレスリリース配信代行サービスドリームニュース

トピックスRSS

ランキング